アヒル汁ってどんな味?効能は?

沖縄の食堂で人気の“アヒル汁”をご存知でしょうか?

ケンミンショーで紹介された事もあるので、
名前くらいはご存知かもしれませんね。

このアヒル汁は、実際にはどんな味なのか?や、
また薬膳としても有名な事から、
一体どのような効能があるのかを調べてみました。

今日は、アヒル汁についてご紹介しましょう。

アヒル汁ってどんな味?

アヒル汁は、見た目はちょっとリアルな感じなので、
ちょっと敬遠したくなる感じがしますが、
あっさりとしていて、臭みもありませんし食べやすいです。

MudLYzhDXLCdYc81407304965_1407304972

上の写真は、沖縄のまんぷく食堂のアヒル汁です。
ここのアヒル汁は美味しいと評判なので、旅行の際に行ってきたんです。

スポンサードリンク

お肉も柔らかくて、口に入れるとホロホロ。
子供からお年寄りにまで食べやすく愛される味だと思います。

スープを飲めば、体の中からポカポカ温まり、
元気になっていく感じ。

ヤギ汁や牛汁のような”クサミ”もなく 重たくもないので
もし、沖縄のお汁物に挑戦してみたい人は、アヒル汁がお勧めです。

アヒル汁の薬膳効果とは?

アヒル汁が薬膳料理と言われているのはどうしてなのでしょう?

実は、東洋医学ではアヒルの肉を食べると、むくみを解消したり
利尿効果があると言われているんです。

そして沖縄では、喘息や風邪に良いと言われています。

アヒル汁のレシピ

以前、ケンミンショーでやっていたレシピは、
とてもシンプルでした。

材料は、観音アヒル適量をブツ切り、大根、ニンジン、
昆布適量、塩適量です。

作り方は、観音アヒルを1時間ほど煮込み、
大根とにんじん、昆布、塩を加えて30分煮込めば完成です。

まとめ

沖縄の家庭料理である“アヒル汁”は、本土に住んでいる人は
なかなか食べる機会がないと思います。

沖縄県南城市のまんぷく食堂では本格的なアヒル汁を
全国配送してくれます。

まんぷく食堂の公式サイト

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ