胃痛や胃もたれの時の食事はどんなものがいいの?

胃痛や胃もたれが気になる方は、食事の際どんなものを食べたらいいのかとお困りでしょう。
お肉はもちろん、油もの刺激になるようなものはダメですし極端に冷たいものや熱いものも胃痛や胃もたれ時は避けましょう。
アルコールや珈琲なども出来れば控えた方が良いです、胃の働きをどんどん悪くしていきますのでこのような食事は控えましょう。

スポンサードリンク

どんなものが胃もたれ時の食事としていいかというと、まずは、消化がいいものがおすすめです。
おかゆやうどんなどは消化が良く胃に負担もかかりにくいのでおすすめです。
ご飯もいつもより柔らかく炊いて食べると良いでしょう、スムージーやフルーツドリンク等も良いです。
すり大根は、消化酵素が豊富に含まれている為特に胃もたれ時には有効です。
ご飯にかけて食べたり、お魚やお豆腐にかけて積極的に食べると胃もたれも回復へ向かいます。
すり大根に含まれる消化酵素が胃酸の代わりに消化してくれるため胃の負担が減ります。
また、パインも消化酵素が豊富なので胃もたれの時にはおすすめの食材です。
この他にも湯豆腐や茶わん蒸しなど消化の良いものを食べましょう。

胃もたれは身体が食事を拒否している状態ですので、絶食するのが一番なんですが、忙しい現代人はなかなか難しいです。
酵素ドリンク等なら絶食とはいかなくても酵素ドリンクを飲むことで結構お腹が膨らみます。
また、酵素ドリンクに含まれる酵素で消化する為、消化の良いものを若干食べても問題ありません。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ