花粉症と風邪の見分け方は?どんな症状で区別すればいいの?

花粉症は、症状が風邪と良く似ているので見分けがつきにくい時がありますが、どんな症状で区別すればいいのでしょうか。
花粉症なのに風邪薬を飲んでも症状が良くなる事はありませんし、ひどい場合は日常生活にもかなり影響します。
原因を特定するため症状の違いをご紹介いたします。

スポンサードリンク

花粉症と風邪の症状でまず大きく違うのが熱です、花粉症では熱が出る事はありません、熱が出る場合は風邪と考えて間違いないです。
風邪はウイルスによって引き起こされる為、身体が反応して熱がでます、しかし花粉症の場合は花粉が原因なので熱までは出ません。
くしゃみや鼻は出るけど熱は無いなら花粉症かもしれません。
鼻水は花粉症でも風邪でもよく出ます、でも花粉症の場合は水のようなサラサラした鼻水です。
風邪の場合は最初のうち水っぽいのが出る為花粉症特別がつきにくいですが、数日経つと結構ドロッとした青い鼻水が出ます。
これはウイルスによって白血球が死んでいる状態なので、身体が弱っている証拠でもあります。
できれば休息を取って身体を休ませてあげましょう。
他にも花粉症の症状としてはくしゃみが連発したり、目が異常にかゆくなったり、皮膚炎のようなかゆみが出る場合もあります。
風邪とはちょっと違う症状なので熱が無くくしゃみや目のかゆみがあるようなら花粉症を疑った方が良いでしょう。

また、花粉症かもしれないと思っていたらアレルギー性の鼻炎だったとか喘息だったとかいうこともあります。
病院や対策出来る製品の購入・セルフケアなどいろいろな視点から対策を考えることが重要ですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ