胃もたれの時は食事抜きが望ましいのはなぜ?食事抜きのコツは?

胃もたれでお困りの方はどのような対処をした方が良いのでしょうか。
胃が持たれている方は、胃が弱っているサインなので食事を抜く事で胃を休ませると良いというお医者様もたくさんいます。
食事を毎日3食取っているわけですからいきなり食事抜きは辛いと言えば辛いのですが、何かこつがあるのでしょうか。

胃もたれの時は、通常出ている胃酸が少なくなっている事も考えられ、この状態で食事をするとどんどん悪くなります。
そうならない為に食事を抜く事が重要になりますが、食事は抜いても水分は取らなくてはなりません。
胃を休ませるためには丸1日、24時間くらいは食事を抜くのが良いとされていますので、この間食事は取らず水分のみ取ります。
胃は受けつけなくてもお腹は減りますから辛い事は辛いです、しかし胃を休ませて良い状態にすることが更に大切です。
胃もたれなのに食事を取り続けると胃潰瘍や悪くければ胃がんに発展する事もありますので真剣に取り組みましょう。
水分は、2リットル位飲んでも大丈夫ですのでお腹が空いたら少しずつ飲むようにしましょう。

スポンサードリンク

どうしても何か食べたくなったらアメやガムなど胃に入らないものなら大丈夫なのでそちらで我慢しましょう。
胃は、24時間経つと急速により胃酸の出も良くなります、そうなってくれば目標通りですが、いきなり普通の食事はダメです。
24時間意を休ませた後は、消化の良いものを食べましょう、できればおかゆなどが一番です。
食事を抜いて3日間は、おかゆやうどんなどで胃の働きを控えるようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ