ケンミンショーのはるみ役の黛英里佳が「新・牡丹と薔薇」主演!しかもあの役で!

ケンミンショーのはるみちゃんと言えば、誰の事かすぐに分かるくらいに有名になった女優・黛英里佳さんが、フジテレビ系の昼ドラで主役を演じる事が決まりました。

昼ドラといえば、あのドロドロ系のやつですね^^;
最近のニュースで、ついに来年2016年3月に昼ドラが打ち切りになる事を知りましたが、その最後を締めくくるのが「新・牡丹と薔薇」です。

そう、お嫁さんにしたいナンバーワンの、はるみちゃんが「ボタバラ」の主役になるんですよ!
聞いた情報では、姉役という事なので「ぼたん役」ですね。
良かった~いじめる側の香世役じゃなくって(笑)

「牡丹と薔薇」といえば、12年前に同じ昼ドラ枠で大河内奈々子さんと小沢真珠さんの姉妹がドロドロの愛憎劇を演じて、一世を風靡した「ボタバラ現象」が話題となりました。
特に、「役立たずの豚!」「しめころすわよ!」「香世様と呼びなさい!」などの名台詞までポンポン飛び出しました。

スポンサードリンク

私も当時は、あまりにも話題になったので途中から見ていましたが、あの非現実な感じが面白いんですよね。

ちなみに、あの強烈な香世役は、“戦隊モノ”で活躍した逢沢りなさんです。

はるみこと、黛英里佳さんは30歳で逢沢りなさんは24歳という実年齢なので、前回の大河内奈々子さん(38)と小沢真珠さん(38)という同い年コンピとは、また一味違う雰囲気になりそうですね。
特に、黛英里佳さんは、新妻・はるみのイメージが強すぎるので、どんな感じになるのかも見ものです。

【黛英里佳 プロフィール】
生年月日 1985年9月24日 (30歳)
出身地 埼玉県本庄市
デビュー 2004年7月モデルとしてデビュー

【逢沢りな プロフィール】
生年月日 1991年7月28日 (24歳)
出身地 東京(出生は大阪)
デビュー 2007年
2008年、スーパー戦隊シリーズ『炎神戦隊ゴーオンジャー』に楼山早輝・ゴーオンイエロー役で出演。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ