沖縄のおつまみ、スクガラス豆腐って何?食べ方は?

スクガラス豆腐といえば、沖縄の人にはお酒に合うおつまみとして
人気が高いのをご存知ですか?

好きな人には、たまらないというスクガラス豆腐の食べ方や、レシピなどをご紹介します。

スクガラスって何?

スクガラスの、スクとはアイゴの稚魚で、ガラスとは沖縄の方言で塩辛の事を言います。

すなわち、スクの塩辛で“スクガラス”というんですね。

スクは、7月から9月の大潮のたった3日間しか、沖縄沿岸にこない、
魚なんだそうです。

この3日間で捕ったスクを年中食べれるようにと塩漬けにしたのだとか。

スクガラスは塩気がかなりきついので、そのまま食べるにはかなり辛い為、
沖縄では、一口大に切った島豆腐の上に乗せて食べます。

島豆腐とは、本土の豆腐よりも味は濃厚で固めの豆腐です。
製法も本土とは違うそうです。


島豆腐と本土の豆腐の製法の違い
島豆腐は、豆汁(大豆をすり潰した汁)を生のまま、
こした豆乳にニガリを加えて煮て型に入れて
水気をぬいて固く仕上げるという製造方法で、
本土で食べる一般的な豆腐は、豆汁を煮てからこして豆乳を作るという作り方です。

すなわち、
島豆腐は、生のままこして、仕上げは固めに。
本土の豆腐な煮てからこして作るという違いですね。

食べ比べてみると、島豆腐は一般的な木綿豆腐とは違って
中身が詰まっているという感じですし、味も濃厚です。

スクガラス豆腐の食べ方

スクガラス豆腐の食べ方ですが、スクガラスはかなり塩辛いので、
醤油など、何もかけずに食べます。

スポンサードリンク

4D4TOPzvHimCvn81407135109_1407135119

スクガラスの強烈な塩辛さと、島豆腐の旨味とが
絶妙なハーモニーを生み出し、好きな人にはたまらない一品です。
この上に島とうがらしを乗せると、また違った味が楽しめます。

とはいっても、これは好き嫌いがはっきりと分かれるのもたしかで、
沖縄出身の私の夫は、大好物ですが、私はどちらかというと苦手。

ただし、島豆腐は沖縄育ちではない私にも、その濃厚な旨味は
分かるので、美味しいと思っています。

かなり塩辛いので、初めて食べる人はその覚悟は必要ですが、
もっと気をつけなければいけないのが、スクガラスの向きです。

スクガラスは、頭の部分が硬くて、小骨が多いので
頭から食べないと、骨が喉に引っかかる事が多いんです。

ですので、尾から食べないように注意して下さいね。

このスクガラス豆腐、お酒のおつまみにぴったりなのですが、
やはり、一番合うのは泡盛だそうです。

泡盛にシークワーサーをキュッと絞って、飲むのは格別で
スクガラスがあれば、いくらでも進むのだそうです。

まとめ

スクガラスはアイゴの稚魚を塩漬けにした、
かなり塩辛いもので、旨味の強い島豆腐に
トッピングして食べるのが一般的です。

食べるときの注意点は、尾から食べると骨が喉にひっかかるので
必ず頭から食べるようにしましょう。

泡盛のおつまみに最高に合い、沖縄のおつまみとして
人気があります。

お酒が大好きな人は、本土でも沖縄料理店で食べられる場合もあるので
挑戦してみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ