冬至に柚子湯に入る意味は?どんな効果があるの?

冬至は、1年で一番昼が短く、夜が長い日で二十四節気のひとつです。
いつごろかというと、大体12月22日頃ですね。

我が家では、冬至の日には毎年、柚子湯に入りますが、柚子湯にはどんな意味があるのかご存知でしょうか?
柚子湯の意味と、柚子湯にはどんな効果があるのかをお話したいと思います。

柚子の持つ強い香りが邪気払いに

なぜ、冬至に柚子湯なのでしょうか?
この日に柚子湯に入ると、1年中風邪をひかないという言い伝えがあるんです。
yuzuyu
柚子って、強い香りがしますよね。匂うだけでも酸っぱさで唾液が出てくるほどに。
この、柚子の強い香りが邪気を払うと言われているんです。

そして、柚子の成分には健康に良いものが多く含まれているという理由もあります。
冬至(とうじ)に柚子湯に入って病を治すという意味で、湯治(とうじ)という意味がかけられているとも。

柚子の成分の健康効果とは?

柚子には、どんな健康効果があるのでしょうか?以下にまとめてみました。

・血行促進効果
柚子に含まれている成分であるピネン・シトラールが代謝を活発にし、血行促進します。
よって普通のお風呂に入るよりも、より体はポカポカに!
また、鎮痛効果や殺菌効果もあることから、風邪予防になると言われています。

スポンサードリンク

・老化予防
家庭風呂は、ほとんどが水道水を使われていると思いますが、水道水には塩素が含まれています。
その塩素をブロックしてくれるのが、柚子に含まれるポリフェノールで抗酸化作用があります。
よって若々しい美肌が保たれるという訳です。

・肌にハリを与えスベスベに
柚子の皮に含まれているリモネンという成分が溶けてお肌の水分をしっかり保護。
ビタミンCも豊富なのでお肌にハリを与えてくれます。

以上が、柚子湯の健康・美容効果ですが、これなら冬至と言わずに毎日でも入りたい所ですね。
ただし、柚子は1個100円くらいするので、どれくらい入れたらいいのか迷います。
あまり少ないと香りはしないですし・・・
柚子湯には、柚子は何個入れるものなんでしょう?

柚子湯に柚子は何個入れるの?

柚子は、少なくても最低3個以上は入れたいものです。
1~2個では、ほとんど香りもしないので、柚子湯の効果も半減します。

もし、少ない個数で柚子湯を楽しみたいという場合は、柚子を何等分かに切って入れましょう。
その際は、必ずネットに入れて下さいね。
お風呂掃除の時に、詰まって大変ですので。

我が家では、手軽に洗濯ネットに入れてます。

また、柚子をお湯の中で軽く絞るのもおすすめです。

ただし、注意がひとつだけあります。
それは、柚子の数が多すぎたり、柚子の汁をしぼりすぎた場合に、肌に刺すようにピリピリする場合もあります。

ちょっと汚い話ですが、うちの一人暮らしの父親は柚子を湯船の中で絞りすぎて、お尻のあの部分の粘膜がヒリヒリしたと言ってたので、ご注意くださいね(笑)

1年に1回の健康的な儀式。各ご家庭で楽しまれて下さい。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ