夜泣きっていつから?原因や対処法は?

赤ちゃんの夜泣き
育児というのは、赤ちゃん1人1人によって、どの方法が最適となるのか変わってくるといえるでしょう。
それが初めての育児ともなると、不安に思ってしまうことも多くあると思われます。

たとえば、赤ちゃん特有の行為でもある夜泣きなど、自分の子どもはいつから始まるのかと、戦々恐々としているお母さんも、多いのではないでしょうか。

夜泣きが始まる時期

一般的には、生後5ヶ月から6ヶ月頃になると、赤ちゃんの夜泣きが始まるといわれています。

ですが、非常に個人差があるため、早ければ生後4ヶ月辺りから、
遅い場合には生後7ヶ月くらいからと、その幅は大きくなっています。

ですので、赤ちゃんの夜泣きが起こるスピードが早過ぎる場合も、
反対に遅過ぎたとしても、必要以上に心配をすることはありません。

また、夜泣きが続くことで、睡眠時間が削られて、体力的に辛い事態に陥ることもあるでしょう。
それがストレスとなって、イライラを常に抱えてしまうことも考えられます。

そういったときは、自分1人で全てを行おうとはせず、
周囲の人に助けを求めることも大切です。

自分の両親や、同じ年頃の赤ちゃんがいるママ友などに、
積極的に悩みを打ち明けてみるのがいいでしょう。

そうすることで、ストレスを発散させることができますし、
育児に協力をしてもらえるといえます。

そもそも夜泣きの原因って?

夜泣きとひと口にいっても、その原因はいくつか考えられるようです。

まず夜泣きの原因として最も多いといわれているのが、生理的な原因です。

たとえばオムツが濡れていて気持ちが悪い、お腹が空いた、
部屋が寒いといったことを訴えたくて、夜泣きをする場合が多くなります。

スポンサードリンク

つまり、こういった原因を取り除いてあげることで、夜泣きが止まるといえるでしょう。

次に挙げられるのが、病気による夜泣きです。

病気によって熱が出たり、体調を崩してしまったことで、夜泣きをしてしまうことがあります。
したがって、普段夜泣きをあまりしない赤ちゃんの場合は、とくに注意が必要です。

いつもと様子が違う場合には、病院で見てもらう必要があるでしょう。

そのほかの夜泣きの原因としては、ストレスからくるものがあります。

赤ちゃんでも、ストレスを感じることはあり、
それを発散させるのに夜泣きという形をとっている場合です。

そのときには、好きなだけ泣かせてあげるのがいいでしょう。

また、昼間のうちに、刺激の強い体験をすると、夜泣きをしてしまうことがあるようです。
ですので、赤ちゃんのうちは、昼間に過度な刺激を与えてはいけません。

これらの理由がなく、夜泣きが起こる場合も十分考えられるので、
夜泣きがあるからといって、あまり心配をし過ぎない方がいいようです。

夜泣き対策に宇津救命丸

夜泣き対策に、宇津救命丸が効果があるといわれているようです。

その理由として、宇津救命丸には、自律神経の乱れを整えるといった作用があるからです。

夜泣きというのは、神経が異常なまでに興奮している状態だといえますので、
宇津救命丸を赤ちゃんに飲ませることで、高ぶった神経を鎮めることができるでしょう。

目安としては、1ヶ月程度宇津救命丸を服用するのがいいようです。

これにより、夜泣きだけではなく、かんのむしや食欲不振といった症状を、
改善していくこともできるといわれています。

さらに下痢や消化不良といった内蔵の不調にも効果があるようです。

宇津救命丸のいいところは、用法や用量をきちんと守っていれば、
副作用などはほとんど見られない点でもあります。

こういった理由から、夜泣きが頻繁に起こる場合には、
宇津救命丸を利用してみるのもいいかもしれません。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ