寒中見舞いの返事の書き方について

寒中見舞いは寒さが厳しい季節に受け取るものです。

寒中見舞いの内容としては、寒さが元も厳しい時期に相手の体調を気づかったり、
状況を報告したりするのです。

さらに、寒中見舞いは喪中の方に年賀状の代わりの挨拶状として送ることもできます。

また、寒中見舞いを出す時期も決まっています。一般的には、1月の5~6日頃から一ヶ月間となっています。

寒中見舞いももらった場合の返事の書き方ですが、最初に見舞い状をもらったお礼の言葉を述べます。
そして、自分の近況を述べるのです。
返事には、必ず相手の健康を願う言葉も最後には必要です。
◯◯さんもどうか風邪などひかれませんようご自愛下さい、といった一言は必要になってきます。

スポンサードリンク

このように書き方をきちんと理解してからでなければ返事は書かないほうがいいものです。
寒中見舞いは職場の上司といった目上の方からも届くものです。

そのため、きちんと書き方を学んでから書かなければ、失礼はことになってしまう場合があるのです。
また、返事を書く際には文章の一番最初に、寒中お見舞い申し上げます、という一言が必要です。
できれば、最初の、寒中お見舞い申し上げます、という一言は他の文章よりも大きめな字で書くことをおすすめします。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ