寒中見舞いの文例。喪中のかたでも。

寒さの厳しい時期に、相手を気遣う意味で差し出すのが「寒中見舞い」です。

暑中見舞いと同様に、日本に古くから伝わる風習です。
差し出す時期は1月8日から2月3日までとなっており、その目的は他にもあります。

喪中の方に、年頭の挨拶として、年賀状の変わりに使用することができます。
また、喪中とは知らずに年賀状を出してくれた方への、返信とお礼の意味をこめて差し出すことができます。

ベースとなる書き方は存在しているので、時候などを織り交ぜながら、
マナーを守った書き方を心得たいものですね。

スポンサードリンク

文例としては、相手への気遣いの気持ちを最初に書き、
最後に控えめに自身の近況報告を記入すると喜ばれますね。

年賀状の返礼として差し出す場合は、その感謝の言葉をしっかりと添えましょう。

昨年お世話になったことへの感謝の気持ちと、新年を迎えるにあたっての豊富や、
かわらぬお付き合いを願う言葉などを書き添えて終わるようにしましょう。

メールや電話ですべて済んでしまう時代だからこそ、
こういった寒中見舞いなどの挨拶状を大事にし、正しい文例を守って、気持ちの伝わる寒中見舞いを欠きたいものですね。
丁寧な字で、想いをこめてしっかりと書くようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ