正月飾りはいつまで飾っておく?お飾りの処分方法は?

正月飾りは、1年間家を守ってくれる年神様をお迎えするための目印となる飾りです。

代表的なものには家の目印となる「門松」、神聖な場所であることを示し、
年神様に失礼のないようにする「しめ縄」、
そして年神様へのお供えであり子孫繁栄や健康長寿などの縁起も込められた「鏡餅」があります。

正月飾りはいつまでに飾るかというと、12月31日では「一夜飾り」といって年神様に失礼にあたるので、
12月30日までに飾るのが良いです。ただし29日は「9」が「苦」に通じ、縁起が悪いので避けましょう。

スポンサードリンク

「正月事始め」とされるのは12月13日から30日までですが、
一般的にはクリスマスが終わった後の26日以降に飾られることが多くなっています。

では、正月飾りを飾っておくのはいつまででしょうか。

門松としめ縄は、年神様のいらっしゃる「松の内」が過ぎる1月7日にはずします。
関西では15日としているところも多いようです。

はずしたお飾りの処分方法ですが、小正月の15日に行われる「どんど焼き」で火にくべます。

この火で餅を焼いて食べると無病息災でいられると言われています。

自宅で焼く場合は、日本酒と塩でその場所を清めてから行いましょう。
鏡餅は11日の鏡開きの日に槌で割り、主におしるこにして食べることが多くなっています。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ