胃腸風邪のときの子供の食事

胃腸風邪の症状の多くは、嘔吐をしたり、下痢を繰り返したりします。

このような症状が続くと、体内にある水分が急激に失われ、
脱水症状を起こす可能性があります。
とくに、大人に比べて子供は水分量が元から少ないので、注意が必要です。

このような症状が出てときに、まず気を付けることは、しっかりと水分補給をすることです。

吐き気が落ち着いていれば、お茶や白湯、イオン飲料などを飲ませます。

スポーツドリンクは、体に足りないミネラルや水分を補給することができますが、
子供にとっては負担が大きいので、水で半分くらいに薄めて飲ませます。

スポンサードリンク

胃腸風邪の症状がおさまってくると、どんどん体が水分を要求するようになり、
たくさんのめるようになります。

また、食事については、何を食べても吐いてしまうような場合には、
のどが痛くなったり疲労の原因となるので、無理に食事をとることなく、
水分補給で十分です。

少しずつ回復してきたら、胃腸にやさしいおかゆ、うどんなどを少しずつ食べさせます。
油分や脂肪分は控えたほうがよいので、バターやチーズ、ヨーグルト、ラーメン、
シチューなどは様子を見ながらあたえるか、完全に回復するまでしばらく控えたほうがよいでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ