インフルエンザによる頭痛の対処法について

秋から冬にかけて、空気が乾燥する季節になるとインフルエンザが大流行します。

インフルエンザに罹ってしまうと、高熱とそれによる頭痛や関節の痛み、
倦怠感など様々な症状が襲ってきます。

しかも感染するので、部屋に閉じこもっていないと他人にうつしてしまう大変やっかいな病気です。
特にひどい頭痛の対処法をご説明します。

頭痛が普段と違い酷いと思ったらインフルエンザかもしれないので、病院で診察してもらいましょう。
48時間以内に抗インフルエンザ薬を処方してもらえれば、快方が速くなります。
そして、ゆっくり睡眠をとることが大切です。

スポンサードリンク

睡眠は免疫力を高めエネルギーを補充し、インフルエンザウイルスに対する抵抗力を強くする働きがあります。
ゆっくりと安静にし、眠くなくても横になっているだけでも免疫力は上がるので睡眠は重要です。
また、栄養をしっかり摂りましょう。

高熱が出ている時は食欲は無くなりますが、食べられそうなフルーツやヨーグルト、水分補給などは必要です。
自分で判断し解熱鎮痛剤を服用するのは避けたほうが良いです。

インフルエンザウイルスを追い出そうとして身体から熱を出しているので、
熱を下げてしまうと回復が遅れてしまいます。

氷枕や氷嚢で首の後ろや脇の下などを冷やすと、大分身体が楽になります。
これらのインフルエンザによる頭痛の対処法を、是非お試しください。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ