インフルエンザの流行時期には適切な予防を

インフルエンザの流行時期は、秋から冬にかけてです。

高熱が出たり、激しい関節痛やのどの痛みを感じますので、
通常の風邪よりも辛い症状だと感じます。
重症化しやすいので、かからないように適切な対策をしておくことが大切です。

空気の乾燥に注意

インフルエンザの流行時期には空気が乾燥しています。
乾燥すると、のどや気管支の防御機能が低下しますので、
インフルエンザにかかりやすくなります。

そのため、予防法として室内の湿度管理が大事になります。

感染経路は?

感染の経路として考えられるのは、飛沫感染と接触感染です。
飛沫感染では、感染している人のくしゃみや咳、
つば等の飛沫を吸いこむことにより、うつります。

スポンサードリンク

接触感染では、感染している人がくしゃみや咳を手で押さえた後に物に触れ、
他の人がその物を触ることによりうつります。

簡単にできる予防法

予防するためには、帰宅後や食事前にきちんと手洗いすることが大切です。
また、流行する前に予防接種を受けておくと、万が一かかったとしても重症化せずに済みます。

リスクが高い時にはできるだけ人込みを避け、
風邪をひいていなくてもマスクを着用することも予防になります。
免疫力が弱っていると、かかった時に重くなりますので、
普段から健康管理に気をつけて免疫をアップしておくことも大切です。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ