寝不足で頭痛やめまいを感じる時は

頭痛
寝不足はいろいろな体調不良を引き起こします。

脳がスッキリしないので仕事もはかどりませんし、気分も憂鬱になるでしょう。
そしてそういった精神的なことだけでなく、頭痛やめまいといった現象もでてきます。

頭痛を感じた時は温かいお茶などを飲んで少しリフレッシュすることもいいです。
仕事中であればゆっくり体を横に休めて眠ることもできませんし、
頭痛に耐えなければいけない・・・というのは辛すぎますよね?

ここで頭痛の対処法についてご紹介しましょう。

寝不足による頭痛といっても頭痛の種類があるので、
今起こっている頭痛が、どのタイプかを把握する事で
対処法が変わってきます。

偏頭痛の症状と対処法

まず、偏頭痛はこめかみ辺りがズキズキと脈が打つような痛みが起こります。
右側か左側のどちらか片方だけが起こります。

原因は脳の血管が拡張する事で炎症を起こし、周囲にある神経を刺激することにより、
痛みが起こります。

偏頭痛の対処法は、痛い所を冷やして血管の収縮を抑える事です。
そして、出来る事なら静かな暗い場所で休憩して、脳に刺激を与えないようにします。

緊張型頭痛の症状と対処法

緊張が多頭痛は、後頭部や頭がしめつけられるような痛みが起こります。
おもに、肩こり・首こり、肩甲骨のコリなどが原因なので、
コリをほぐして血流を良くする事で頭痛が解消します。
また、ストレスが原因になる事もあるので、リラックスできる状態を作ったり、
お風呂にゆっくり入るのも効果的です。

スポンサードリンク

以上、頭痛のタイプと対処法をご紹介しましたが、
それでも耐えられないような時は頭痛薬を飲むという方法もありますが、
寝不足による頭痛は寝ることで解決できることも多いので、
できるだけ薬は避けましょう。

通勤時間、休憩時間に少しだけ目を閉じるだけでもかなり解決できるのでおすすめです。

また、めまいの場合は歩いたり立ち続けることも困難になってしまうことがあるので、
めまいを感じたらしばらく座って休憩することが大事です。

一時的なめまいはすぐに収まることも多いですが、
普段から貧血気味でめまいを感じることが多い人は、
寝不足でさらにめまいが酷くなることが多いので、
血の気が引いたり寒気を感じるようなことがあったら早退させてもらうことも大切です。

寝不足による頭痛やめまいの根本的な解決方法は?

寝不足が原因の症状は睡眠をゆっくりとることでスッキリ解決できることも多いです。

しかしながら、寝不足の原因は人により様々ですよね。

もし、夜遅くまで仕事をしていたせいで寝不足になるという場合なら、
睡眠時間の確保が可能ならば、そのような努力が必要だと思いますが、
眠りたいのに眠れないといった場合だとしたら、
一番の対処法は、良質の睡眠をとる事だと思います。

その対策としては、軽い運動をしたり、寝る前にホットミルクを飲むなど、
一般的な民間療法は色々ありますが、それでも眠れないという場合には、
睡眠薬に頼る前に、体に安心・安全な睡眠サプリを試してみるのも
ひとつの方法だと思います。

今、一番売れているのがこちらのサプリです。

安心・安全の休息サポート飲料

口コミを見ると、多くの人がスッキリ生活を送れているようですよ。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ