お歳暮のお返しはどの時期にする?お礼状は?

年末に一年の感謝を込めてお世話になった人に贈るお歳暮ですが、
最近は生活習慣が昔とは少しずつ変わってきて入るものの、
やはり感謝の気持ちとして会社の上司や親などお世話になった人へ送っている人が多いです。

もちろん人によっては送るだけでなく、
様々な人よりお歳暮を受け取ると言う場合もありますが、
気になるのが受け取った相手にお返しをする必要があるのか、
またあるのであればどのような時期にお返しをするかと言う点です。

しかし基本的にはお世話になった人に対する感謝の気持ちを伝えるお歳暮なので、
お返しはする必要がないものと考えられています。

お礼を述べる時期も、相手に品物を受け取ったと言う報告も兼ねると言う意味合いもあるので、
品物を受け取ったら出来るだけ速やかに感謝の気持ちを伝えると言うのがマナーになります。

昔に比べて送る人の数も大分減ってはきていますが、
それでも社会人としての基本的なマナーでもあるので、
最低限の常識としてお歳暮に関する様々な事柄は知っておく事が必要になります。

スポンサードリンク

お歳暮のお礼状の文例は文豪を参考にしながらも自分らしさを

お歳暮をいただいた側は、お礼状を書くことをおススメします。

近年、電話やメールでお礼を伝える方も増えており、
また電話のお礼を希望される送り手も多いことは事実ですが、
昔からある葉書や書面で気持ちを伝える方法も捨てがたいのではないでしょうか。

特に電話が苦手な方などにお礼状はおすすめです。

巷にはお礼状の文例集などが書籍やネット情報で氾濫しています。

これらの文例を参考にするのも一つの方法ですが、
形式にこだわらず素直に嬉しい気持ちを伝えることを基本にしてみてはいかがでしょう。

特に目上の方でなければ肩肘張らずに素直な言葉で喜びを伝える方が、
送り手の方に気持ちが伝わると思います。

日本の文豪の中に、ユニークで気持ちのこもったお礼状を書いた方が多数おられます。
自分らしさを出したお礼状の書き方を考案されてはいかがでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ