レンジフードの掃除方法について

一年間溜まってしまった汚れをスッキリとキレイに落として
気持ちの良い部屋で新年を迎えるためには念入りな掃除は欠かせないものですよね。

キッチンで一番頑固な汚れが付いてしまっている場所というと、レンジフードです。

今日は効率よくできるレンジフードの掃除方法について書いてみますね。

レンジフードの掃除のコツ

最近のキッチンはオープンキッチンやセミオープンキッチンが
とても多くなっていますので、
換気扇も昔より強力な物が付いている家庭が多くなっているのです。

レンジフードを開けることは大掃除の時くらいしかありませんので、
ここは特に念入りにキレイにしておきたい場所でもあります。

こういった油汚れのベタベタした場所の掃除方法で重要なことは、
油を浮かせてキレイに落とすということです。

そのためには洗剤をかけて少し時間を置くということが大切なのです。

洗剤をかけたらすぐにキレイにしたいという気持ちが先走ってしまい、
ふき取ってしまうという人がとても多いのですが、
その方法では全然汚れが落ちないということがあるのです。

油汚れをキレイに落とすには汚れを浮かせるということが重要になるので、
少し時間をおいて洗剤で油を溶かすという時間が必要なのです。

スポンサードリンク

レンジフードの奥に付いているファンも取り外すことができますので、
できれば取り外して洗剤をかけて少し時間を置いてからお湯で流すことで
頑固な油汚れをキレイに洗い流すことができるのです。

こまめにレンジフードを掃除しているという人は、
最近流行しているナチュラル洗剤を使用した掃除方法でも汚れを落とすことができます。

重層はお掃除の強い味方

油汚れには重曹が一番効果がありますので、軽い油汚れであれば、
重曹を水で溶いたものをスプレーして少し時間を置いてふき取るだけで汚れを
キレイに落とすことができます。

重曹は料理にも使用することができ、もし口に入ってしまっても安心です。

小さな子供がいる家庭や、肌がとても弱いという人でも安心して
掃除をすることができるということから、こういったナチュラル洗剤はとても人気となっているのです。

しかしべたべたにこびりついてしまった汚れには
やはり市販の洗剤の方が効果がありますので、
場所によって上手に使い分けをすることで、
面倒な大掃除も手早く済ませることができます。

通販でも汚れ落ちの良い洗剤が売っているので、それらを利用するのも良いと思います。

レンジフードを分解する場合、手元で換気扇のスイッチを
押してしまわないように気を付けることや、
細かい部品もありますので、なくしてしまうということがないように
保管することも大切なポイントになります。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ