七五三で見落としがちなポイント 髪型、親の衣装は?

写真スタジオで撮影する七五三写真は、
ネット上で価格を比較して予約撮影できるのが定番となりました。

今日は、七五三の事についてまとめてみました。

衣装にしても、レンタルで最新デザインの着物を選ぶ事が出来たり、
特典の割引を共通ポイント使用で受けられるなど、
スタジオ写真も少子化の影響で競争が激しくなっています。

子供の成長を祝う目的として七五三はありますが、
意外と知らないのがその始まった時期です。

記念写真を撮る習慣が七五三にまで広がったのは昭和に入ってからと、ごく最近です。

ですから、どのような写真を撮りたいかは各家族の希望を主に考え、
大いに子供の成長を祝っておきたいものです。

儀式的なものは、神社に七五三のお祓いをしてもらうことになりますが、
写真撮影は七五三の時期の混雑を避け、都合の良い日に行うものです。

特に11月15日でなくてはならないという理由はありません。

というのも、七五三の日は鬼宿日とされる婚礼以外は大吉という日で、
中国の天文学が発祥とされる二十八宿が元になった占いによるものですから、
現代の暦と離れているので今では使われていません。

スポンサードリンク

七五三では、子供の体調などを良く見て日程を調整しやすくしておくほうが、
顔色良く、特に人見知りの子供の場合は他人が撮影するよりも
むしろ知人が撮影する写真の方がリラックスしたいい表情が期待できるでしょう。

写真スタジオで撮影する場合には、特に髪型に注意をしたほうが良い写真が撮れます。

髪型は表情を引き立てる役割なので、顔にかからない長さ、
前髪は暗くなりがちなので念入りにチェックします。

親の衣装についても、子供が主役ですから、引き立て役に徹する事です。

親の髪型も、目立たないように上品さを心がけます。
親の衣装は、子供の衣装の格を考えて用意します。
着物で合わせる必要はありませんし、儀式としても重要ではないので、
フォーマルならば良いとされています。

レンタルでは親子揃って契約すると割引になる特典などが
ありますので迷う事も多いですが、親の衣装は着慣れた上品な物の方が
自然な雰囲気で子供がリラックスできます。

準備の段階でよく考えて、子供のコンディション中心に
調整しやすく柔軟な予定を立てます。

身内で写真撮影をするなら、のびのびした表情が、
スタジオ写真の場合は、一生の記念になるしっかりとした表情が期待できます。

どちらの場合でも、親子のその時だけの特別な写真が残せるので、
前もって充分な準備をして、自慢の家族写真を残しておきたいものです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ