優れた健康効果を持つなた豆茶の選び方

なた豆茶には、優れた健康効果があります。
今日は、なた豆茶の健康効果や選び方をご紹介しましょう。

なた豆茶の効果効能

なた豆は昔から膿取りの作用があることで知られてきました。

現在でも、蓄膿症や歯槽膿漏といった膿ができる病気に
効果があるということで広く用いられています。実際になた豆茶を摂取すると、歯ぐきの腫れや出血等の炎症が早期に改善されやすくなります。また、免疫力を高める成分も含まれていますので、歯周病が再発しにくくなります。

免疫力を高める効果は、アトピー性皮膚炎やアレルギー体質にも効きます。
体質を改善することは本来なら難しいことですが、
なた豆茶のコンカナバリンA・カナバリンという成分によって
実現できる可能性があります。

その他にも、タンパク質・食物繊維・鉄分・ミネラル・ビタミンといった
健康に欠かせない栄養素をたくさん含んでいます。

体内の毒素を排出するデトックスの働きも期待できますし、
細胞を若々しく保つアンチエイジングの効果も期待できます。

このように優れた働きを持つなた豆茶ですが、
注目したいのが腎臓への作用です。

腎臓の状態が悪くなり弱ってくると、ろ過機能が上手く働かなくなります。
その結果、むくみが表れたり血圧が高くなる等の症状に悩まされるようになります。

スポンサードリンク

しかし、なた豆茶を取り入れると、尿素がアンモニアと二酸化炭素に
分解するのを促して腎臓機能を高めてくれます。

そのため、血圧が安定してむくみも解消されます。

腎臓機能を活性化させることができるのは、
コンカナバリンAという成分にろ過機能を修復する働きがあるためです。

なた豆茶の選び方

なた豆茶の選び方ですが、まず品質管理が徹底されている商品を
選ぶ必要があります。

成熟したなた豆は非常に薬効が強いので、
加工処理がしっかりされていないと副作用が出る恐れがあります。

その他、品種に注目することも、賢い選び方の一つです。

薬効が強いのは赤なた豆であり、
より高い効果を求める場合には
赤なた豆を原材料としている商品を選びますが、
薬効が強すぎると感じたら赤なた豆と白なた豆の
ブレンドされているものを選ぶと安心です。

このような健康茶は続けて飲むことが大事ですので、
利用シーンを想像して選び方を考えるのも良い方法です。

その都度入れて飲みたいというタイプの人には茶葉タイプが適しており、
急須等で熱湯を注ぎ、少し蒸らしてから飲みます。

煮出したものを置いておき、少しずつ飲みたいというタイプの人には
ティーバックが適しています。
なた豆茶はくせのない味で飲みやすいので、続けやすいお茶です。”

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ