滋賀県でおすすめ!紅葉の名所

日本で1番大きな湖「琵琶湖」がある滋賀県は、
緑豊かな自然が残る観光名所の多い県です。
特に秋には市が県内の各所で美しい紅葉を楽しむことが出来ます。

今日は、滋賀県でおすすめの紅葉の名所を数々ご紹介しましょう。

名勝玄宮楽々園

まずおすすめの名所は彦根城にある名勝玄宮楽々園です。
ゆるキャラのひこにゃんがいることでもよく知られているお城ですが、
場内全体が常緑樹を中心に深い社を形作っており、
特に天守閣裏の急坂を下ったところにある名勝玄宮楽々園では、
まるでタイムスリップしたかのように美しい建物や
紅葉の美しさを実感することが出来るでしょう。

琵琶湖バレイ

また、普段とは違った視点で紅葉を楽しみたい人に、
お勧めなのは標高1100mの高さから琵琶湖が一望できる名所「琵琶湖バレイ」です。

滋賀県のみならず日本一の速さを誇るロープウェイを利用して、
山頂まであっという間に到着します。

眼下には琵琶湖や一面の紅葉を見渡すことが出来て、
日本の四季の美しさを目の当たりに出来ます。

山頂には大自然に囲まれた展望台やジップラインアドベンチャーが
楽しめる施設などがあり、家族連れやカップルなど様々な人が
楽しむことが出来るでしょう。

メタセコイア並木

また、滋賀県の中でも少し変わった紅葉が
楽しめるのは滋賀県高島市にあるメタセコイア並木です。

スポンサードリンク

マキノピックランドからマキノ高原へ続く道路沿いおよそ2.4kmに渡って
美しいメタセコイアの木が植えられており、
まっすぐに伸びる道路との警官は大変美しく、
日本街路樹百系にも選ばれた全国的にも大変美しい景観が楽しめる名所です。

清瀧寺徳源院

そして滋賀県内にある紅葉の名所のなかでも、
11月下旬から12月上旬までという遅い時期まで楽しめるのは、
米原市にある清瀧寺徳源院がおすすめです。

中世、北近江を支配した京極家の菩提寺であり、
京極家墓所は国の史跡にもなっている由緒正しいお寺です。

回遊式庭園であり、池の周りをぐるりと巡りながら、
美しいもみじを堪能することが可能です。

庭園を拝観する場合には事前に予約をする必要があるため、
電話で問合せをすることが大切です。中学生以下は無料で、
それ以上は入館料300円で拝観することが出来ます。

徳源院に通じる参道と堂内の庭園を美しい樹木が彩る名所であり、
延べ3300平方メートルの広さを誇る雄大な敷地内で、
日常生活を忘れて歴史の風情と日本の四季の美しさを堪能することが可能です。

これらの名所は同じ滋賀県内であっても場所によって
紅葉の見ごろが異なるため、
紅葉情報をマメにチェックしてから観光に出かけることが大切です。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ