水虫の原因は?どんな症状が起きるの?

かゆい水虫は、憂鬱の種ですよね。
たかが水虫、されど水虫で、かゆいのを我慢するのはとてもストレスがたまります。

今日は、この嫌な水虫の原因や症状、完治するのかなどを調べてみました。

水虫の原因

水虫は、白癬菌(はくせんきん)というカビの一種が、
皮膚の最も外側である角質層に寄生して、タンパク質のケラチンをエサにして、
繁殖してしまう事が原因です。

しかし、この白癬菌は感染力があまり強くないので、もし皮膚についてしまっても
24時間以内に洗い流せば、大丈夫なのです。

では、なぜ毎日お風呂に入ってるのに水虫になるの?と思われるでしょうけど、
水虫菌がいる所に素足で歩けば、水虫が映ってしまいます。

水虫は高温多湿の場所で繁殖するので、銭湯の足ふきマットや、温水プールなど
不特定多数の人が使う湿りやすいものには、水虫菌が繁殖していると思った方が良いでしょう。

また、家族が水虫になってしまったら、お風呂マットを共有しないようにする事も大切です。

そして本人には家にいる時には、5本指ソックスをはいてもらうようにするか、
もしくは、自分自身も常に靴下をはいておくことをおすすめします。

なお、足からはがれた角質にも水虫菌が生息しているので、
こまめにシーツを変えたり掃除機をかけておきましょう。

スポンサードリンク

水虫の症状

水虫の症状は以下の通りです。


✔かきむしりたいほどの強いかゆみ

✔皮がボロボロむけたり、乾燥肌のようにカサカサになる

✔水疱ができる場合もある

✔浸透液が出てジュクジュクする


最近では、市販薬にもよく効く薬がありますが、注意して起きた点としては、
水虫と症状が似た皮膚病もあるので、自己判断は危険です。
異常を感じたら、皮膚科で受信される事をおすすめします。

水虫は完治するの?

水虫って一度なると、完治はできないというのを聞いた事がありますが、
事実なのでしょうか?

たしかに以前は、完治できないと言われていましたが、
最近では、効果的な治療薬が開発されているので、
完治も可能だと言われています。

でも、実際に水虫が完治していない人もたくさんいますが、
それはなぜかというと、治療中に症状が治まってきて、
勝手に治療をやめてしまう事が多いからでしょう。

水虫菌(白癬菌)は、表面上は死滅したように見えても、
角質層の奥で生存している場合もあります。

ですので、水虫を完治させたいなら、きちんと医師の指示に従って
最後まで治療を受けましょう。

そして再び、水虫にならないためにも足を清潔に保つ事も大切です。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ