生理痛がひどい!原因は?緩和方法は?

生理痛に悩む人にとっては、月に1度の生理はとても辛いものです。

慢性的な場合の対処法や、急に生理痛がひどくなった場合など、
生理痛のお悩みと解決法をまとめました。

ひどい生理痛の原因

生理痛
今まではそうでもなかったのに、急に生理痛がひどくなったという場合には、
もしかしたら病気を疑ってみる必要があるかもしれません。

急に生理痛がひどくなった場合に考えられる原因としては、
器質的疾患といい、子宮筋腫や子宮内膜症といったものが挙げられるでしょう。

もし、痛みがひどい事以外にも、出血量が増えたり、血の塊が多くなったり、
市販薬が効かなくなったりという場合には、婦人科を受診した方が良いかも知れません。

子宮口が狭い

また、出産経験がない若い女性の場合ですと、子宮口が未熟だという事が、
生理痛の原因になります。
それはなぜかというと、子宮頚管が硬く子宮口も狭いので、血液がスムーズに
流れずに痛みが生じてしまうのです。

ちなみに、出産すると生理痛が軽くなったという人がいますが、
出産する事で子宮口が広がるからでしょう。

子宮の収縮が原因

子宮の収縮が強いと、生理痛の原因になります。
出産の時に陣痛を引き起こす物質のプロスタグランジンというものがありますが、
この物質が生理中にも分泌されて、月経血を体外へ排出させいています。

それが血管を収縮させて、生理痛を引き起こします。
それだけじゃなく、頭痛や胃痛、肩こりという症状を引き起こす事もあるのです。

また、血行が悪い事で生理痛がひどくなりやすくなります。
生理中は体が冷えやすいので、なるべく体を冷やさないようにする事も大切です。

生理痛の緩和

生理痛は多少の痛みなら、我慢できるかもしれませんが、
日常生活に支障が出るくらいの痛みになると、何かしら対策は必要です。

スポンサードリンク

あまりにもひどい時には、市販薬を使う事もあるでしょう。

生理痛に効果のある市販薬

生理痛に効果がある薬と言われたら、一番最初に思い浮かべるのは、
バファリンという人も多いと思います。

バファリンの半分は優しさでできているという宣伝文句がありましたが、
アスピリン系の鎮痛剤なので、胃に優しい成分が配合されているからです。

さきほどにも書きました、生理痛の原因となるプロスタグランジンを
抑制する効果があり、しかも早く効いて眠くなりにくいという特徴があります。

ですので車やバイクを運転される人や、お仕事中に服用される場合は、
合っていると思います。

また、子宮の収縮が強すぎる事から痛みが激しくなる場合は、
その抑制効果が他の成分よりも高い、イププロフェンが配合されている、
イブAや、ナロンエースもあります。

胃が弱い人には、胃への負担が少ないアセトアミノフェンを主成分にした
ノーシンや、タイレノールが良いと思います。

また、ロキソニンでなければ効かないという人もいますが、
かなり強い薬なので胃が荒れる恐れもありますので、胃薬と一緒に飲む事を
推奨している医療機関もあります。

色々な薬がありますが、それぞれに相性があるので、自分に合った薬を
探してみて下さい。

生理痛を和らげるハーブ

生理痛を緩和するハーブがあるのをご存知ですか?

ハーブティーは体を温めて、リラックス効果があるので
生理痛の時に起こりやすい症状である、イライラを緩和するのにも役立ちます。

生理痛を緩和する効果が期待できると言われているハーブは、
ローズヒップティやジャーマンカモミール、
ラベンダー、マリーゴールド、ベリーリーフ、オレンジブロッサムなどでしょう。

しかし、薬ではないので即効性はありません。
約1カ月ほど続けて飲んでみて下さい。
その事により、体内環境を改善する事ができるでしょう。

ハーブにはホルモンに関係するものもありますから、妊娠にかかわるものも
あります。

ハーブを飲まれる場合は、良く調べてから利用するようにされて下さい。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ