口臭の原因は舌苔?内臓?それらの対策のまとめ

口臭はとても気になりますよね。
たいていの場合は、本人の気にしすぎとも言われていますが、
それでも実際に臭いを指摘されたりすると、対策せずにはいられませんよね。

今日は、口臭の原因と対策についてまとめてみました。

舌苔の対策

口臭
舌が汚れていると、口臭の原因に繋がります。
舌の汚れを綺麗にせずに放置しておくと、どんどん汚れがたまってしまい、
それが口臭の元になるのです。

舌が汚れていると、白っぽい色になり、それが苔が生えた状態に見えるので、
舌苔と言われています。

舌苔ができる原因は、舌のお手入れ不足、唾液分泌量の低下、
薬の副作用などがありますが、最も多いのは舌のお手入れ不足でしょう。

歯はきちんと磨いているのに、舌を掃除しないという人は、
これを機会に、お手入れをされてはいかがでしょうか?

お手入れは、歯ブラシでゴシゴシするのは厳禁です。
舌が傷ついたり、状態が悪化するので更に口臭を酷くする可能性があるので、
ぜひ、専用ブラシを使用するようにしましょう。

口臭の原因は内臓?

口臭を引き起こす内臓の病気で体表的なのは、
胃炎や胃潰瘍、十二指腸開園、そして糖尿病です。

まず、胃潰瘍や言えんといった胃の病気になると、
食べた物をうまく消化する事ができないので、
体の中で食べた物が発酵してしまい、口臭を引き起こします。

また、十二指腸潰瘍などの腸の病気では、腸内環境が悪化し、
腸内に悪臭が発生します。
その悪臭が血液に流れ込んで、それが肺に排出されて口から臭い臭いを発するのです。

スポンサードリンク

最後に糖尿病になると、唾液の分泌量が減少するので
口の中が乾いてしまいます。
その事により、口の中に細菌が増えてしまい、口臭がひどくなります。

また、糖尿病の人は歯周病にもなりやすいので注意が必要です。

このように、内臓疾患が原因で口臭を引き起こしているばあには、それらの病気を治さないと
口臭を改善することは難しいと思います。

特に、糖尿病は初期の段階では無症状なので発見しにくいので、
定期的に健康診断は受けておきましょう。
口内の衛生環境を意識していても口臭が酷い時は、内臓の病気を疑ってみても良いかも知れません。

加齢が原因の口臭

加齢が原因で口臭がきつくなる事があります。

それは、唾液の分泌量の低下や肝臓機能の低下、服薬による胃腸の荒れ、
入れ歯やインプラントなど、大きく分けて4つの原因があります。

口の中の唾液が減ると、口の中が渇いた状態になり細菌が増えてしまいます。

また、肝臓は臭いの成分を分解する働きを持っているのですが、
老化によって機能を低下させてしまうと、体の中に臭いが残ったままとなり、
口臭の原因となります。

年をとると薬を飲む機会が増えてしまいますが、薬によって胃腸が荒れやすくなり、
その胃腸の荒れが口臭がきつくなる事に繋がる場合もあります。

そして最後に、入れ歯やインプラント。
その取り付け部分に食べカスなどがたまってしまって
臭いを発生させる原因になる事もあります。

このように、加齢にともない口臭がきつくなりがちなのは以上の原因からでしょう。

口臭が気になる人は、口臭予防のサプリなどを利用するのもひとつの方法ですので、
口臭を気にして、消極的になるよりかは、口臭予防をして積極的に人生を楽しんだもの勝ち!と言えそうですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ