お腹痩せしたい!即効性がある方法はどれ?

ダイエットしたい人の中で、どこが一番痩せたいかというと、
お腹と答える人が多いようです。

キュッと引き締まったお腹はかっこいいですし、洋服もおしゃれに着こなせますもんね。

お腹痩せの方法は色々ありますが、速攻性があるのはどんな方法なのでしょう?
様々なお腹痩せ方法を見てみましょう。

お腹痩せに腹筋

腹筋
お腹痩せ方法として一番最初に思いつくのは、やはり腹筋でしょうか。

腹筋をすれば、お腹の周りの筋肉を鍛える事で、お腹周りの脂肪を燃焼させる事が出来ます。

腹筋って、他の筋肉と違い、鍛えれば鍛えるほど引き締まるんです。
女性ならくびれたウエストになるでしょう。

前腹筋、側腹筋、後腹筋の3種類をバランスよく鍛える事で
効率よくお腹に効いてくれるようです。

ただし、腹筋さえしていればよいという訳ではなく、
毎日の食事に気をつけて、食べ過ぎない、カロリーを摂りすぎないなど、
意識が必要です。
腹筋で燃焼する脂肪をうわまわるほど、食事で脂肪をたくさんつけていたら
いつまでたってもお腹痩せは実現しないので、食事と運動のバランスが大切だと思います。

また、1回の腹筋で急にお腹は痩せませんから、毎日地道に気長に続ける事も大切でしょう。

呼吸法でお腹痩せ

呼吸でお腹が痩せる方法は、最近ではテレビでも紹介されていますね。

色んな人が色んなやり方で話してはいますが、
要は腹式呼吸だと思います。

腹式呼吸をする事で、インナーマッスルが鍛えられるので、
お腹をへこませる事が可能なのです。

なぜかというと、腹式呼吸で息を吸うと横隔膜が働き、
はく時には腹筋が働くからです。

その際に、腸も刺激されるので便秘解消にも効果が得られるでしょう。

呼吸ダイエットといえば、俳優の美木良介さんが開発したロングブレスダイエットが有名ですね。

それに、鼻から息を吸い、できるだけ時間をかけてゆっくり全ての息を口からはき切る方法や、
おじぎをしながら、みぞおきをへこます様に息をゆっくり吐くという方法もあります。

私も実際にやってみましたが、思っている以上に効果がありましたので、
腹筋はどうも苦手で続ける自信がないという人にも手軽にできる方法だと思います。
ただし、食後すぐは止めた方が良いです。
お腹が痛くなるので。

スポンサードリンク

ウォーキングのコツ

お腹痩せには、ウォーキングも効果があると言われています。

ウォーキングは、有酸素運動なのですでについてしまった脂肪を落とすのに
効果があります。
もちろん、お腹の脂肪も燃焼できるのでお腹痩せ効果もあります。

でもただ歩くだけではなく、正しいやり方あるんです。

まず、背すじを伸ばして両腕をしっかり振りながら歩く事です。
両腕を振る事で全身運動になります。
できれば、腰を捻るように歩くと軽い腹筋運動にもなります。

そして大股で歩いて足もなるべく上にあげて歩くのが良いとされています。

ただ、これは大きな公園内や河原などがあれば平気でこんな歩き方もできますが、
そういう場所がないという人には、ちょっと恥ずかしいかもしれませんね。

そんな場合は、姿勢を正して軽くお腹をへこませて早歩きするだけでも
普通に歩くことと比べたら、全く効果は違ってきます。

エステでお腹痩せ

なかなか自分ではお腹痩せ出来ない、そしてお金が多少かかってもいいから、
短時間で速攻でお腹痩せしたい!という人には、エステがおすすめです。

エステのお腹痩せコースなら、確実にお腹痩せができるでしょう。

エステなら、最新の機械を使ってお腹の脂肪を燃焼させる事が出来ますし、
機械をつけてベットで寝ているだけでも、腹筋を数百回しているような効果があるものもあります。

また、エステティシャンのハンドマッサージによる揉み出しも自分では出来ませんからね。

ただ、エステはどうしても値段が高いから、躊躇してしまいますよね。

しかし今は、お試し体験や、モニター募集などを利用すれば、
ハードルも下がりますから、そういうのを利用するのも良いかも知れませんね。

ただし、エステに行っても普段からの食生活や生活習慣を見直すことは大切です。
せっかく高いお金を払ってエステに行っても、痩せたお腹をキープしなければ
すぐに元に戻ってしまうからです。

まとめ

お腹痩せに一番即効性が高いのは、総合的に考えれば、やはりエステでしょう。

でも、誰しも高額なものを選択できるという訳ではありませんので、
生活習慣を見直して、コツコツと運動して気長に続けて出来る自分に合った方法を
探すのが、長い目で見ると良いのかもしれませんね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ