イソフラボンの効果と1日の摂取量は?副作用はあるの?

イソフラボンといえば、女性の健康に良いものという認識はありますが、
具体的にどのような効果があるのかご存知でしょうか?

また、1日の摂取量や摂り過ぎによる副作用などはあるのかをまとめてみました。

イソフラボンの効果

イソフラボンの効果は次の通りです。


更年期障害の改善

アンチエイジング

バストアップ

便秘解消

生活習慣病の予防

ダイエット

快眠効果

大豆

先ほど書いたように、イソフラボンは女性の健康に良いとされる理由としては、
女性ホルモンに似た働きをする事から、女性ホルモンの分泌を活発にさせてくれるんです。

よって、更年期障害を改善してくれたりアンチエイジング効果や
バストアップ効果が期待できると、されているのですね。

他にも、イソフラボンにはコレステロール値を下げる作用があるので、
生活習慣病の予防に効果的です。
そして腸の動きを活発にする働きもあるので、便秘解消も期待できます。

したがって、ダイエットにも良いという事ですね。

また、女性の7割近くが便秘に悩んだ事があるといわれていますが、
イソフラボンは便通にも良い作用があるので、まさに女性の味方という感じですね。

ところで、快眠効果についてはどうでしょう。

なぜ、快眠できるのかというと自律神経を整えてくれる作用があるからです。
自律神経が安定すると、良質な眠りを促したり寝つきが良くなります。

スポンサードリンク

その事から、快眠効果があると言われているのですね。

このように色々な効果が期待されるイソフラボンですが、すぐに効果が出るという訳じゃなく、
毎日続けなければ効果は現れませんので、持続が大切です。

イソフラボンの摂取量はどれくらい?

イソフラボンが体に良い事は分かりましたが、摂取量を守らないと、
副作用を起こす可能性があるんです。

まず、1日に必要な摂取量は、75mgだと言われています。

75mgがどれくらいなのかというと、豆腐なら1丁、納豆なら2パック、
きな粉なら大さじ8杯程度、豆乳なら400mlくらいです。

イソフラボンを摂取する場合、注意したいのが摂取量です。

この摂取量を超えてしまうと、副作用を引き起こすリスクが高くなるので、
イソフラボンの摂りすぎには注意が必要です。

したがって、普段の食事で十分にイソフラボンを摂取しているのに、
イソフラボンのサプリも飲んでいるという人は、摂りすぎに注意をされた方が良いと思います。

どんなに体に良いものでも、過剰摂取はかえって体を壊してしまう可能性が高まってしまうのですね。

では、過剰摂取するとどんな副作用が起こってしまうのでしょうか?

イソフラボンの副作用

イソフラボンは、女性ホルモンの分泌を活発にさせる働きがあるので、
過剰摂取することにより、月経周期の乱れや乳がん、子宮がんのリスクが高まると言われています。

いくら体に良いと言って、じゃんじゃん摂りすぎる事で、このようなリスクが高まるのでしたら、
本末転倒ですよね。

しかし、積極的に食品で摂る分には許容量を超える事もあまりないので、
それほど心配する必要はありません。

でもサプリも一緒に利用している人は、注意が必要です。
サプリを飲む時には必ずきめられた用量や注意書きを守るようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ