幸せ脳の作り方~幸せ脳物質のセロトニンの増やし方

幸せな気分になれる物質があるのをご存知でしょうか?
幸せ脳

それは、セロトニンという物質なのですが、このセロトニンが増えれば幸せな気分になれると言われています。
今日は、この幸せ物質のセロトニンについてや、増やし方についてをまとめてみました。
ぜひ、セロトニンを増やして幸せ感たっぷりの毎日を味わってみてください。

セロトニンとは

セロトニンとは、脳内の神経伝達物質の1つです。

セロトニンが、きちんと分泌されていると落ち着きや心地よさ、
満足感などを感じることができると言われています。

もし、セロトニンが不足するとなるとどうなるのでしょうか?

それは、精神のバランスが崩れてイライラしやすくなったり
落ち込みやすくなったり、気分がモヤモヤしたり、
または暴力的になったりもしあす。
ひいては、うつ病を引き起こす可能性もあるとのこと。

このセロトニンは、小腸に約90%存在しており、脳内の中枢神経には約2%と言われています。

この2%のセロトニンが精神に影響しているのです。

では、どういう時にセロトニンの分泌が少なくなるのでしょうか?

それは、脳と体のバランスが関係しているようです。

たとえば、デスクワークのお仕事ならパソコンの前に座り続け、
体はほとんど動かさないのに、脳はフル回転している状態になるので、
脳がストレスを感じてしまいます。
よって、セロトニンの合成や分泌を少なくすると言われています。

セロトニンの殖やし方

まずは、上記に挙げた逆の行動・・・という事は、
こまめに体を動かすという事ですね。

スポンサードリンク

デスクワークでほとんど体を動かさないという人なら、
まずは、ウォーキングを始めるのはいかがでしょうか?

ウォーキングは、セロトニンの分泌が良くなりますし、
健康にも美容にも良いのでおすすめです。

継続的に30分ほど歩くのも良いですし、
そんな時間をとるのがむずかしかったら、隙間時間にこまめにストレッチをするのも
おすすめです。

セロトニンが分泌しやすくなる食べ物

セロトニンが分泌しやすくなる食べ物は、まずひとつは大豆製品です。

大豆にはイソフラボンがふくまれており、これが脳の交感神経を和らげてくれます。
よって、リラックス効果が望めるのでセロトニンが分泌されやすいんです。

大豆製品と言えば、豆腐や納豆、厚揚げなど、毎日の食生活に取り入れやすいですよね。

ところで、セロトニンの原料はアミノ酸の一種である「トリプトファン」です。
ですので、トリプトファンを含む食品を多く食べるのも良いんです。

とっても身近で手に入りやすい食品で、バナナがあります。
バナナにはトリプトファンはもちろん、セロトニンを合成しやすいビタミンB6も含まれています。

また、牛乳などの乳製品もトリプトファンが含まれています。

ウォーキングと有効とされる食べ物を食べて幸せ脳を作りましょう!

いつも幸せ感を漂わせていると、運を味方につける事が出来るかも!?

セロトニンの増やし方についてさらに詳しく知りたい方には、
こちらの本が便利ですよ。

心のストレスが消える処方箋 幸せ脳内物質セロトニンを増やすための実践10か条 (別冊宝島) (別冊宝島 1708 ホーム)

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ