逆流性食道炎の症状は?口臭との関係は?市販薬で治せる?

最近、テレビのCMなどでも逆流性食道炎という病名を聞くようになりましたが、どんな症状なのでしょう?

逆流性食道炎とは、胃液が食道に逆流してしまう事をいいますが、最近では増加傾向にあると言われているので注意が必要です。

今日は逆流性食道炎の症状やよく言われている口臭との関係、また市販薬についてまとめてみました。

逆流性食道炎の主な症状

逆流性食道炎の症状は、以下の通りです。


・ゲップがよく出る
・胸焼け
・口の中が酸っぱくなる
・呑酸
・食後に気持ち悪くなる
・食事中に途中で満腹になる
・食欲の低下
・胃が重い
・のどの違和感
・のどがつかえる

このような症状が現れた時は、早めに病院に行くようにして下さい。
逆流性食道炎はそのままにしておくと、症状が悪化して日常生活に支障がでる場合もあります。
悪化すると治りが遅くなるので、早めの治療をおすすめします。

また、違う病気の可能性も否めませんので、きちんと検査を受ける事が大切です。

口臭の原因にもなるって本当?

なぜ逆流性食道炎になると口臭がきつくなるのでしょう?
症状がひどい人ほど、口臭も強くなると言われているのですが、
それは、逆流性食道炎になると胃酸が逆流して、
胃液が喉まで上がってくるからです。

スポンサードリンク

苦くて酸っぱい胃酸のようなものが喉の方まで上がってきたとき、
ツンとした刺激臭を感じたり、喉が痛くなったりする事がありますが、
その時に、口臭がとてもきつくなっているのです。

この口臭は、逆流性食道炎を治さない限り、
改善することはできません。

このまま放置するのはもってのほかで、口臭はさらにきつくなるでしょう。

そして、胃液が上がる事で虫歯にもなりやすくなります。
症状の悪化を防ぐためにも、早めの治療が大切です。

市販の薬でも治せる?

もしかして自分は逆流性食道炎かな?と感じても、
症状も軽そうだし、忙しいので病院に行く時間もないので、
市販薬でなんとかならないかと考える人もいるかと思います。

逆流性食道炎は市販薬でも治すことは可能です。

ただし、効果のある薬を使用した場合に限った話であり、
市販薬は効果の弱いものや強い効果を発揮するものと様々で、
もし、これが病院だと医師が病状に合った薬を処方してくれますが、
市販薬ですとそういう訳にはいきません。

自分でどの薬が良いのかを選ぶのは危険ですし、病院で処方される薬に比べると
効果が弱いので、結果的に病院で治療を受ける方が早道な場合が多いでしょう。

それでも、市販薬を試したいという方は、薬局にいる薬剤師に相談するようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ