美味しいカニの選び方|失敗しないカニの買い方

カニ
美味しいカニを食べている時は、まさに至福の時ですよね!

でも、たまにあたりはずれがあると感じた事はありませんか?
せっかく高価なカニを買ったのに、味が美味しくなかったらすごく損した気分になりますよね?

今日は、美味しいカニの選び方をご紹介します。

蟹の選び方

一般的にはカニをしょっちゅう食べているという人は少ないと思うので、
美味しいカニの見分け方は分からないという人が多いと思いますが、
一番理想的なのは、実際に直営店にいって自分の目で確かめて購入するのが一番です。

それでは、美味しい蟹の選び方のポイントをご紹介しますね!


①カニの腹側を必ず見る事。
アメ色になっているものを選びましょう。白いものは避けた方が良いです。
しかし、腹側を見せてくれるお店でなければ難しいかもしれません。

②重たいカニを選びましょう。

③カニの鮮度の見極め方
生きたカニの場合は鮮度は気にする事はありませんが、ゆでているカニなら、ぬめりがないものを選びましょう。

④甲羅を見る・触る
かたくて汚れた甲羅が理想的。なぜなら甲羅が柔らかいカニは脱皮してから日が浅く身がスカスカなんです。
なぜ身がスカスカなのかというと、脱皮したカニは新しい殻を急いで作らないと外敵に食べられてしまうので、
殻を作るために摂取した栄養素の多くを殻作りに回すからなんです。


以上、美味しいカニの選び方を4つご紹介しましたが、お店によっては衛生上の問題からか、お客がカニを触れないお店も増えているようです。
ですので、そのようなお店の場合は店員さんに重たいカニや腹側を確認してみてはいかがでしょう?

スポンサードリンク

買うなら活カニ?ボイル蟹?どっちがいいの?

生きたままの蟹と、ゆでられた蟹となら、どちらを買いますか?

蟹を買う時、どちらがいいか悩む時があります。

そんな時は、どんな食べ方をしたいかで決めています。

たとえば、刺身で食べたい時は活蟹です。
しかし、自宅で蟹をさばくのは大変ですよね。
さばくのに手間取っていると、鮮度が落ちて逆に味が落ちる事もあるかもしれませんし、
さばくのが下手だと、食べるところが少なくなってしまう場合もあるそうです。

ですので、さばくのが苦手な人で刺身じゃなくても良いという人は、
ボイル蟹を選ぶのが無難です。

通販で買う場合は、食べやすくカットされているものをよく見かけますね。
半むき身にしてくれている通販の会社もありますし、
生の蟹を冷凍して送られるので、蟹しゃぶが楽しめます。

そのような蟹は、刺身用としては売られていないのですが、
刺身として食べられる蟹も、通販で売っているのを見かけます。
もちろん、処理もしていて解凍するだけですぐに
蟹の刺身が食べられるので、とても楽ですよ。
数は少ないですが「生食OK」のものを探してみて下さい。

少し前までは「ネットで買うなんて・・・」と躊躇する人もいましたが、
今ではネット通販で蟹を買うのも当たり前になってきたような気がします。

でもどこの通販がいいのかな?と迷ってしまいますよね。

そんな時は、口コミなどの評判の良いところを選ぶのが良いでしょう。

楽天市場やYahoo!ショッピング、ぐるなびなどに出店しているような店舗だと、
実際に購入した人のレビューが公開されています。

そのようなシステムを利用して、ショップを選ぶのもひとつの方法だと思います。
是非そのようなシステムを有効に利用して、店舗を選びたいものですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ