女性の薄毛はストレスが原因?改善策は?

薄毛
薄毛に悩む女性は思いのほか、多いものです。
しかも熟年の方だけじゃなく、30代や中には20代の若い女性でも、
抜け毛や薄毛に悩まされているようです。

薄毛の原因をつきとめて改善策を探っていきましょう。

女性の薄毛の原因

男性の薄毛の場合は、主に男性ホルモンのバランスが崩れてしまう事によって、
毛が抜けたり発毛不足により薄毛になってしまうのですが、
女性の場合は、ほとんど男性ホルモンの影響は受けません。

それなのに、なぜ女性も薄毛になってしまうのかというと、
女性にも女性特有の問題があるからです。

若い女性では一度くらいは経験があると言われている“ダイエット”ですが、
若い時は、無理なダイエットをする人も多く、
理想の体重や体系にするために無理な食事制限を行う場合もあると思います。

そうすると、体は栄養不足になり、髪にも栄養がいきわたらずに
深刻な影響を与える事になるのです。

ストレスが原因の薄毛

また、ストレスも薄毛の大きな原因となります。

でも、どうしてストレスが薄毛に関係するのでしょう。
それは、考えられる事としてはストレスによって血行不良になる事です。

ストレスがたまると、毛細血管が収縮して血液の循環が悪くなるんです。
その結果、血行不良が起こります。

体内の血液の循環が悪くなると、頭皮の血行も同様に悪くなります。

よって、発毛や育毛に必要な栄養素が不足してしまうのです。

スポンサードリンク

この状態がストレスによって薄毛になってしまう原因だという訳ですね。

また血行不良になると、人間の体は少しでも血流を良くしようと働き、
男性ホルモンを多く分泌するようになります。

男性ホルモンは薄毛の原因となるので、更に薄毛を促進してしまうのです。

また、ストレスを感じる事でホルモンバランスを崩してしまう事から、
健康にも悪影響を及ぼす可能性もあります。

しかし、ストレスが全くないという人こそ珍しく、
人は何かしらストレスは感じているものだと思います。
ですので、ストレスをなくすというよりも、
なるべくストレスを発散させるような努力は必要かと思います。

熱中できる趣味やスポーツがあれば、ストレスを発散させやすいですし、
汗をかくことで、薄毛の原因となる男性ホルモンは排出されるという音なので、
体を軽く動かすのもストレス発散にも薄毛対策にもなるのではないでしょうか?

改善策

まず、ストレスには生活習慣を見直す事も大切です。

私がおすすめするのは、歩くこと。

歩くことがストレス解消になることは科学的にも証明されているんです。

まず、歩くと血液の循環を良くしてくれるので血行不良が解消されます。
また、脳に刺激を与えて活性化させてくれます。
そして自律神経の働きを良くしてくれるのです。

歩くことでセロトニンという、脳をリラックスさせ、集中力を高めるホルモンの活性化、
ドーパミンという、快楽や意欲、幸福感をもたらすホルモンの活性化されるので、
一番お手軽で安上がりなストレス解消法だと思います。

あとは規則正しい生活や、食事をする時はよく噛むという事もおすすめな方法です。

一見、髪が薄くなる事とは関係がなさそうですが、ストレスが原因の場合は
試してみる価値はあると思います!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ