ワキガ手術の費用の相場は?健康保険は適用されるの?

ワキガ
ワキガを気にするあまり、引っ込み思案になったり、ひどい場合には対人恐怖症になる人もいます。

それほど、ワキガの悩みは深いものなのだと思います。
ワキガを根本的に治すには、手術をするのが一番早いのかもしれません。

ワキガの手術は、病院や美容クリニックなどで行われていますが、手術費用の相場はどれくらいなのでしょう?

今日はワキガ手術費用や、健康保険は適用されるのかを書きたいと思います。

ワキガの手術費用

手術費用とひとことにいっても、どんな手術をしたのかで違ってきます。
たとえば、切らないワキガ手術である「超音波サーマル法」でしたら、
両脇合わせて約6万円前後だと言われています。

また、ひどい症状だと反転剪除法という手術を行いますが、
およそ20万円から30万円ほどの費用だと言います。

また、中程度のワキガの場合に行われるマイクロリムーブ法ならば約25万円、
コンビネーション法ですと約20万円程度でしょう。

もちろん、これらは一般的な相場であり目安なので、
各病院や美容クリニックによっては値段が前後する場合があります。

費用の差は、同じ手術方法であっても、手術を受ける患部によっては
費用に差が出てきます。

これらの事を踏まえて、手術を受ける前には必ず料金設定に関する説明を
聞く事が大切です。

スポンサードリンク

逆に、あまりにも費用が安い場合も何かの理由があると思われるので、
注意が必要でしょう。

ワキガの手術は健康保険は適用されるの?

ワキガ手術をするにあたっては、費用面に関しては
一番気になるのが公的な健康保険が適用されるかどうかではないでしょうか?

適用されるかどうかで、費用は雲泥の差になりますから当然と言えば当然ですよね。

結論から述べますと、ワキガ手術において、
保険が適用されるかどうかは、ケースバイケースとなっているようです。

健康保険が適用されるためには、3つの条件があります。

1つ目が、その病院やクリニックが保険診療を行っていることで、
2つ目が担当医師に保険適用だと認めてもらえること、
そして最後の3つ目が、受ける手術が保険適用手術であること、となっています。

病院ではなくクリニックで、ワキガ手術を受ける場合、
保険診療をはじめから行っていないところも多いので、
事前に確認をすることが大切でしょう。

また、保険治療を行っている病院でも、
自分が受ける手術に保険が適用されるかどうかは、医師の判断によります。

たとえば、同じワキガであっても軽度の場合は、保険適用外となるようです。

このように、ワキガ手術とひと口にいっても、受ける患者さんの症状によって、
保険適用されるかどうかが違ってくるため、事前に医師と相談をすることが重要です。

また、こういった治療費に関する説明を、
事前に丁寧にしてくれる病院は、信頼のおける病院だといえるでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ