ゴルフ初心者の練習方法や初めてコースに出る時の実力の程度は?

ゴルフ
ゆっくりと時間を掛けて楽しむことができるスポーツとして、ゴルフを挙げることができるでしょう。

最近では、若い人でもゴルフを始める人が多く、プレイ人口の幅が広がっています。

そういった初心者におすすめとなる、ゴルフ練習方法について、紹介をしていきます。

ゴルフの練習方法

1つ目には、スイングの基本を、徹底的に練習することが大切です。

ゴルフクラブの握り方から、実際に球を打つスイングの仕方といった、
基本的な流れや動作をしっかりと身体に叩き込むことで、
実際にコースで打つときも上手に前へ飛ばすことができるようになるでしょう。

スイングを覚えるためには、素振りを何度もしっかり行うことが基本です。

そして、練習する間隔をできるだけ空けないことも大切です。
せっかくスイングの基本を覚えても、間隔が空いてしまうと、身体が忘れしまいます。
ですので、できるだけ短い間隔で、定期的に練習を行っていくのがいいでしょう。

最低でも1週間に1度は練習をするのが、忘れないコツだといえます。

そして、素振りももちろん大切なのですが、
実際にボールを打つことも同じくらい重要なので、
練習舟状に通うのもお勧めします。

練習場では、ただボールを打つのではなく、
どこに向かって打つのかという目標を、
事前に思い浮かべてから打つことが、
上達するのに欠かせないといえます。

また、打つときのフォームを確認することも忘れないでください。

このように、日々の練習があってこそ、
コースに出たときに実力を発揮できるといえるのではないでしょうか。

それではコースに出るには、どのくらいの実力があればよいのでしょうか?

コースはある程度上達してから

ゴルフ初心者の場合、ほかの人と一緒にコースを回ると、
迷惑をかけることもあるかもしれません。

スポンサードリンク

致命的なミスではなくても、失敗をすると恥ずかしいものですから、
コースに出たいと思っても、ある程度上達してからの方が、いいと思われます。

具体的には、ドライバーショットで6割程度、アイアンショットで8割程度の確率で、
前に飛ばすことができるようになれば、コースを回っても安心だといえるでしょう。

そしてバンカーショットの練習を、予めしておくことも大切です。

なぜなら、自分がなかなかバンカーを抜け出せないことで、
時間を大幅に取られると、ほかの人に迷惑を掛けてしまうことがあるからです。

最後にパターについては、パターマットなどを利用した練習で、
3回連続カップインすることができる程度の腕前ならば、問題ないでしょう。

最低でも、これら3つの基準をクリアした上で、
コースデビューを果たすのが望ましいでしょう。

自分が楽しむだけではなく、一緒にコースを回る人に迷惑を掛けないことが重要だと思われます。

ゴルフが上達したいなら誰かに教わった方がいいの?

ゴルフが上手になりたくて、日々練習に励んでいても
自己流での練習には限界があるようです。

もっとゴルフが上手くなりたいと考えている場合には、
上手な人に教えてもらうことも大切になってきます。

しかしながら、ゴルフ仲間といった知り合いに教わる場合、
その意図が上手く伝わらないということもあるでしょう。

ですので、多少のお金は必要ですが、ゴルフスクールなどに入って、
専門家の指導者に教えてもらうのがいいかもしれません。

そんなゴルフスクールの選び方ですが、最も重要なのが指導してくれる先生が、
丁寧に説明をしてくれるところがいいと思われます。

そのなかでも、感覚ではなく、
理論的に分かりやすく説明をしてくれる先生がいいようです。

もちろん、自分と先生との性格的な相性も大切なので、
まずは無料体験レッスンなどを利用してみるのがいいです。

そして、いくらいい先生でも、料金が高いと頻繁に通えなくなるため、
自分が決めた予算内で通えるスクールを探しましょう。

また、少人数制のスクールを選ぶと、
それだけ丁寧に時間を取って教えてもらうことができます。

ちょっとしたコツを教えてもらうことで、
みるみるゴルフの腕前が上達したという人も多いので、
スコアが伸び悩んでいる人は、
ゴルフスクールを利用するのもいいのではないでしょうか。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ