断食後の回復食の内容は?注意しないとリバウンドしやすいの?

断食をすることで体重を減らしても、その後の食事内容にも注意をしないと、
全く効果がないといわれています。

それは、断食はリバウンドしやすいと言われているからです。

断食後にリバウンドする仕組み

断食は、リバウンドをしやすいともいわれていますが、
その理由としては、大きく分けて2つ挙げることができるでしょう。

1つ目は、断食後の飢餓状態によって、
脂肪の吸収が良くなってしまったからということです。

空腹状態が長く続くと、身体は次に食事が送り込まれた際に、
その全てを体内で吸収しようとしてしまいます。

ですので、断食後に脂肪分の多いものを食べると、
それがそのまま排泄されずに体内に逗まってしまうのです。

2つ目は、断食中のストレスによって、
断食が終わってすぐに暴飲暴食をしてしまうことが挙げられます。

スポンサードリンク

これでは、せっかく体重を落とした意味がないといえるでしょう。

断食は、体重が減ったら終わりというものではなく、
その後の過ごし方によって良くも悪くもなるのだということを、
頭に入れておくのが重要となります。

以上、このような理由から断食後はリバウンドしやすいので、
長い目で見れば、断食後にこそ注意が必要だと思います。

回復食はどんなものがいいの?

具体的にいうと、味噌汁やお粥、ヨーグルトや野菜スープ、
うどんやそば、雑炊といった、消化に良くてカロリーの
低いものを食べるのがいいといわれています。

また、これらの回復食を続ける期間は、
少なくても断食をしていた期間と同等にするべきでしょう。

せっかく断食をして体重を減らしたのに、
その努力がゼロに戻ってしまうようなことにならないためにも、
断食後の食事には注意が必要です。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ