目眩の病院は何科を受診すればいいの?検査方法や薬は?

目眩の症状に長年悩まされているという人は、年齢を問わず多くなっているようです。
めまい

しかしながら、それを放置してしまうと、重篤な病気を見逃してしまう恐れもあるため、
あまりにも頻繁に目眩を感じる場合には、病院で診察や検査を受けるべきでしょう。

ここで目眩が起こったら、何科を受診すればよいのか、
検査方法や薬の事などを詳しくご紹介しましょう。

何科に受診すればいいの?

目眩が起こっても、何科に行けば良いのか迷ってしまいますよね。

そういった場合には、まずは耳鼻科を訪ねてみるのが良いと思います。

なぜなら、目眩を引き起こす原因というのは、ほとんどが耳の異常が
関係しているからです。

たとえば、メニエール病や突発性難聴という病気をを聞かれた事があると思いますが、
それらの病気によって、目眩が引き起こされるのです。

従って、まずは耳鼻科を受診して意思に相談して、原因が耳からの目眩なのかの
診断を仰ぎます。

もし、耳鼻科で原因が明らかにならなかった場合は、
脳神経外科や神経内科を紹介されるでしょう。

また、めまいが依頼や平衡神経科という、めまい専門の科もあるので、
そういった病院が近くにあれば、紹介してもらえるでしょう。

ただし、めまいだけじゃなく激しい頭痛や吐き気、
意識障害が併発している場合は、救急車を呼ぶ事が必要になってきます。

まず、ここまでひどい状態にならないためにも、早めに診察を受けましょう。

検査方法

まず一般的に最初に行なわれるのが、医師による問診です。

いつ頃から目眩が始まったのか、どういった状況で目眩を感じるのかといった、
詳しいことを聞かれますので、できるだけ具体的に応えることが大切です。

問診が終わると、眼振検査や平衡機能検査、聴力検査や
温度刺激検査などが行なわれます。

スポンサードリンク

これは、目眩が起こる原因を特定する検査で、
眼振検査では眼球の動きから目眩の程度を調べ、
平衡機能検査では片足立ちなどをしたときに、
身体のふらつき具合などから、バランスがとれているかを検査していきます。

聴力検査では、機械から発せられるさまざまな種類の音を聞くことで、
耳に異常がないかを調べていきます。

そして最後の温度刺激検査では、耳のなかに、冷水やぬるま湯など、
温度の違うものを入れて、目眩が発生するかどうかの確認を行います。

また、目眩が起こる原因のなかでも、とくに重大なのが、
脳の異常からきているものです。

ですので、脳梗塞や脳腫瘍ができていないかを、
CTやMRIを使って調べていきます。

このような数多くの検査を行うことで、
目眩が起こる原因を特定し、治療に役立てるのです。

目眩の薬

原因が特定されると、その症状を改善するのに
最適な薬剤が処方されることになるでしょう。

では、具体的にどのような薬剤が処方されるのかについて、紹介をしていきます。

1つ目は、抗不安薬と呼ばれる薬剤です。

これは、うつ病やパニック障害、メニエール病や自律神経失調症などによって、
目眩が起こる場合に処方されます。

メイラックスやセディールという名前の薬剤が主なもので、
副作用は少ないですが、眠気やふらつきが出る可能性が高いといわれています。

2つ目としては、抗めまい薬が挙げられるでしょう。

セファドールやメリスロン、イソメニールといった薬剤で、
これらはメニエール病や前庭神経炎、
突発性難聴が原因となる目眩の改善に役立ちます。

抗めまい薬には、眠気や頭痛、食欲不振や口渇などの副作用があるため、注意が必要です。

3つ目は、浸透圧利尿薬です。

これは、メニエール病によって起こる目眩に効果的で、
主にイソバイドという薬剤が処方されます。

ただし、吐き気や下痢、頭痛や睡眠障害といった副作用があるようです。

そのほか4つ目としては、血行不良が原因となる目眩の場合には、
ビタミンBやミタミンEのような、
ビタミン剤が処方されることが多くなっています。

このように目眩といっても、原因となる病気によって、
処方される薬剤は違ってくるため、
医師によって処方された正しい薬剤のみを服用するのが大切です。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ