胎教はいつから?おすすめの音楽や絵本は?

胎教
妊娠中は、お腹の赤ちゃんの為にも胎教は大事だと
言われていますが、胎教はいつから始めればいいのでしょう?

また、胎教にお勧めの音楽や絵本などについてご紹介します。

胎教とは?

そもそも胎教って具体的にはどんなもの?

赤ちゃんがお腹にいる間に、お母さんがイライラしていると、
お腹の赤ちゃんも同じような気持ちになるようです。

そして、お母さんがリラックスして良い気分でいると、
お腹の赤ちゃんも良い気分になると言われているので、
赤ちゃんの為にも、お母さんがリラックスして
良い環境を与えてあげるというのが、胎教です。

胎教はいつから?

胎児の耳は、大体妊娠5カ月から発達していきます。

そこで、お腹の赤ちゃんは音を聞く事が出来るようです。

ですので、胎教は5カ月くらいから始めるのが良さそうですね。
お腹の赤ちゃんに話しかけたり、音楽を聞かせて、
脳を刺激させて、情緒を豊かにする胎教は、
とても大切だと言えるでしょう。

実際に耳が発達するのは5カ月頃からだとしても、
それまでの期間でも、全く意味がないとは思いません。

お母さんの愛情は、それ以前でも赤ちゃんにはちゃんと伝わっているので
ぜひ、ご夫婦でお腹の赤ちゃんにたくさん話しかけて下さいね。

赤ちゃんって、生まれてきてお母さんとお父さんの声を
聞き分けられると言いますが、それはお母さんのお腹の中にいる時から、
お母さんやお父さんの声をずっと聞いていたからだそうです。

そして何よりも大切なのは、お母さんがリラックスする事。

ストレスを抱えていたり、イライラしていては、
いくら胎教に良い音楽を聞かせても意味がありません。

お母さんの精神安定が一番の胎教なのかも知れませんね。

胎教と音楽の関係

リラックスしている状態の時は、人は1分間に60回の心拍数であり、
一番精神が安定しているのだと言われています。

お母さんのリラックス状態を更に多くするために、
脳内アルファーを促進するような音楽が良いようです。

妊娠中は、血液の循環も悪くなり、むくみが出来る人も
多いので、そのような音楽を聞くと血行促進されて、
ホルモンの分泌を促進するのだとか。

スポンサードリンク

では、一体どんな音楽が胎教に良いのでしょう?

胎教にはモーツァルト?

胎教にはクラッシックが良いと言われていますが、
医学博士の大島清氏は、モーツァルトの音楽を推奨しており、
胎教についての著書も何冊か出されています。

なぜモーツァルトなのかというと、あの美しいハーモニーは、
妊娠中のお母さんの心を落ち着かせて、お腹の赤ちゃんにも
良い影響を与えるからだそうです。

モーツァルトの曲には、[1/fゆらぎ]がたくさん存在しています。
こらは、人の耳では認識できない周波数の微妙な揺れの事だそうです。

モーツァルトの音楽を聴いて癒されるのは、このような[1/f ゆらぎ]が、
たくさんあるからなのかも知れません。

お腹の中の赤ちゃんにこのゆらぎをたくさん聞かせたら、
赤ちゃんは、もっと聞こうとする事で脳が活性化すると言われています。

このような話を聞くと、モーツァルトの曲を聴かせると、
情緒が落ち着いる頭の良い子が生まれてきそうですよね!

「マタニティー・モーツァルト」というCDも販売されていますから、
こういうのを聞かれてみても良いかもしれませんね!

胎教に絵本

胎教の為に、絵本を読むと言う人が多いと思いますが、
これには2つの意味があるんです。

まずひとつは、生まれてくる我が子の為に読んであげる事で
母親としての実感が湧くということ。

そしてもうひとつは、赤ちゃんにお母さんの声を聞かせる事で、
赤ちゃんの情緒が安定すると言われているからです。

では、どんな絵本を選べばよいのでしょうか?

基本的には、どんな絵本でも良さそうですが、
色使いが綺麗で内容が分かりやすく、赤ちゃんが生まれたら
一緒に読んであげたくなるようなものでしょう。

お腹の赤ちゃんに絵本を読み聞かせてあげる事で、
母子ともにリラックスできる環境を作り出しましょう。

胎児はほぼ、8か月で五感が形成されると言われています。

その形成過程で、お母さんの優しい声を聞いて育った子供は、
生まれてからも情緒豊かな子供になると言われていますので、
読んでいて楽しい気分になる本を選びたいですね。

胎教のための絵本というのも、数多く発売されているので、
あなたが素敵だと思うような絵本をぜひ見つけて下さいね!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ