炭酸パックの効果は?使い方や使う頻度は?

rl11Ws5LSMHprkY1408584501_1408584508
肌がくすんで色が暗く見えてしまうようになったり、
シワやシミが目立つといった肌のトラブルを抱えている人が多くなっています。
そういったトラブルを解消するのに役立つといわれているのが、炭酸パックです。

今日は今や大人気の炭酸パックの効果や、使い方などをご紹介します。

炭酸パックの効果

炭酸パックとは、通常のパックとは違い、
炭酸のちからで肌の新陳代謝を促し血行を
良くしてくれる効果があるといわれています。

また、炭酸の泡が小さな毛穴の隅々にまで入り込んでくれるので、
毛穴につまった皮脂や汚れ、化粧品などの残りを
きれいに取り除くのにも適しています。

炭酸パックがどんなトラブルに効果があるのかを挙げてみましょう。

しわ、たるみ
炭酸には血流促進の効果があるので、肌に栄養が十分いきわたるようになり、老廃物も排出してくれるのでしわやたるみの改善に。

小顔効果
むくみの原因である水分の滞りが改善されることで、小顔に。

ニキビ、ニキビ跡
血流が促進される事で、老廃物が排出されるので、ターンオーバーが正常になりニキビ肌が改善。したがって肌が新しく生まれ変わればニキビ跡も徐々にきれいに。
※お肌が延焼している時は避けた方が無難です。

しみ、くすみ
ターンオーバーが活性化する事で、メラニン排出がスムーズになるのでしみなどが改善。

炭酸パックの使い方のコツ

炭酸パックの使い方のコツとしては、
まずは、顔を清潔にしておきましょう。

メイクが落としておくのがベストです。

スポンサードリンク

なぜなら、メイクをしたままだと炭酸パックが浸透しなくなるからです。
ですので、メイクオフして基礎化粧品も何もつけない状態で行いましょう。

次に、顔の温度を下げておきましょう。
これはどういう事かというと、炭酸をより活発にさせるためです。
顔がほってっている場合は、アイスノンなどで顔を冷やすと良いですよ。

炭酸パックは長時間つけすぎると肌がふやけてしまうので、
時間を守りましょう。
炭酸パックをつける時間は、その商品ごとに違うので
説明書通りにすればOKです。

もし手作りされる場合は、30分以下を目安にすれば良いと思います。

炭酸パックを落とす時は、スパチュラなどできれいにぬぐい取り、
ホットタオルで綺麗にふきとるか、ぬるま湯で優しく洗い流しましょう。

ぬぐいとった炭酸パックは、2~3時間は効果や効き目があるので、
ボディなどに塗るのもお勧めですよ。

炭酸パックをした後のお肌は、とても化粧水が浸透しやすくなるので
たっぷりとお手入れしましょう。

美しくみずみずしいお肌が蘇るでしょう。

炭酸パックは毎日してもいい?

このように肌のお手入れに欠かせない炭酸パックですが、
どれくらいの頻度で使用するのがいいのでしょうか。

メーカーより市販されている炭酸パックの大半は、
使い始めの2週間ほどは毎日使用して、
その後は週に1度か2度といった定期的な使用を勧めているようです。

これにはもちろん理由があります。

肌の新陳代謝、いわゆるターンオーバーというのは、
古い角質が取れて新しい角質に生まれ変わる現象を指しますが、
それはおおよそ28日を周期に行なわれています。

したがって、使い始めの古い角質が溜まっている最初の2週間に、
徹底的に汚れや老廃物を落としきることが重要というわけです。

1度生まれ変わった角質に対しては、
定期的にケアをするだけで十分だといえるでしょう。

つまり、毎日連続して炭酸パックを使用するよりも、
数日に1度の頻度で構わないので、
長期にわたって使用を続ける方が、
肌にとって効果的だといえます。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ