毛穴パックは良いの?悪いの?

毛穴

毛穴が黒ずんでいると、それだけで肌が汚く見えるのでなんとか黒ずみをなくしたいものです。

とくに鼻の周辺というのは皮脂分泌量が多く、
それを放置してしまうと鼻の毛穴が古い角質や皮脂で塞がれていきます。
今日は気になる毛穴パックについてあれこれ書きたいと思います。

そもそも毛穴パックってどんなもの?

毛穴が詰まってしまうと、鼻全体にポツポツができてしまい、
いわゆる「イチゴ鼻」と呼ばれる状態になってしまいます。

そんな角質を一気に取り除く方法として、使われるのが
毛穴パックです。

シート状のパックを鼻に貼り付け一定時間おいたあと、
それを取り外すと毛穴に詰まった汚れを取り除くことができるといわれています。

短時間で毛穴掃除ができるため、非常に有用だといえますが、
それと同時に毛穴パックによる後遺症に悩まされる人も少なくないようです。

それは、毛穴パックを用いることで、
肌にとって必要となる角質までをも取り除いてしまうことで、
肌が持つバリア機能が低下してしまい、余計に肌トラブルを引き起こしてしまうからです。

スポンサードリンク

また、毛穴を無理に開いて角質を取り除く毛穴パックでは、
使用後にきちんと毛穴を引き締めないと、開きっぱなしの毛穴の中に、
さらに汚れを溜め込んでしまう結果となります。

このときに汚れだけではなく、細菌といった物質まで取り込んでしまうと、
ニキビや吹き出物といったものができてしまうことになるでしょう。

また、頻繁に毛穴パックを使用することも、肌にとってダメージが大きいようです。
したがって毛穴パックはどちらかというと、使わない方が良いと言ってる人が多いです。

でも、どうしても毛穴の黒ずみが大きく目立ってしまって
なんとかしたい!という人は、1度毛穴パックを使って
毛穴の中を綺麗にしてから、開いた毛穴をしっかりと引き締めて、
それから、今度は毛穴に黒ずみ、汚れがたまらないように、
毎日しっかり、毛穴の奥まで綺麗にしてくれるような
細かい泡ができる洗顔石鹸などで丁寧に洗顔しましょう。

また、今ではお肌に優しい美容液成分でできたクレンジングも
ありますので、それらを利用してみましょう。

毛穴パックは、常用すると上記に書いたように
毛穴が開きっぱなしになってしまったり、
開いた毛穴に汚れだけじゃなく、細菌までとりこんで
ニキビや吹き出物ができてしまっては困るので、
日々のケアが大切だと言えるでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ