体臭を改善する食べ物と体臭がきつくなる食べ物

汗をかく季節や、暖房を使用する季節になると、
体臭って気になりませんか?

体臭の原因は様々ですが、その中でも密接な関係があるのが、日頃の食事です。

普段からどういった物を食べるかによって、体臭を抑えることも、
あるいはきつくなってしまうこともあるのです。

そこで、体臭を抑えるのに効果的な食べ物と、
反対に体臭が強くなってしまう食べ物の両方を、紹介していきます。

体臭を改善する食べ物

体臭が引き起こされるのは、多くの場合汗によって、
皮脂や雑菌が繁殖してしまうことが原因となっています。
つまり、汗に含まれる成分を見直すことが大切です。

コリンやレチニンという成分が汗に含まれていると、
臭いがきつくなるといわれているのですが、果物や生野菜、玄米などには、
これらの成分が非常に少なくなっているので、体臭を抑えるのに効果的です。

とくに、リンゴやバナナ、イチゴといった果物が良いといわれています。
これらをそのままの状態で食べても、あるいは摂取量を増やすために、
ミキサーなどにかけてジュースとして飲んでも効果は変わりません。

体臭がきつくなる食べ物

次は、反対に体臭が強くなってしまう食べ物を見ていきます。

代表的なものは、肉類全般だといえるでしょう。
肉類に含まれている動物性タンパク質や脂肪は、汗が酸化しやすいため、
酸っぱいような臭いが出てきてしまいます。

また、香辛料やニンニクといった臭いが強い食べ物も、
消化しきれずに臭いが体臭となって現れてしまうようです。

しかし体臭を強くするのが嫌だからといって、肉類を一切食べないといった、
極端な食事方法は、返って健康を損ねてしまうので止めるべきでしょう。

炭水化物抜きダイエットも悪臭のもと

極端な炭水化物抜きダイエットをすると、口臭がきつくなるというのを
聞かれた事はありませんか?

それはケトン臭によるものなんです。

口の臭いは初期段階で、次には体全体から脂っぽい臭いが発生するようになり、
最終的にはその臭いが全身から鼻にツーンとくるような
きつい刺激臭へと変化していくのです。

ケトン臭は、いわゆるダイエット臭とも言われているので
極端な食事制限も口臭や体臭の原因になってしまうという訳ですね。

以上、体臭を改善する食べ物を紹介しましたが、やっぱり肉類が好き!
にんにくも好きという人の場合は、それらを我慢するのは難しいですよね。

スポンサードリンク

そんな人には、体の中からニオイを消臭するサプリを利用するというのもひとつの方法です。

95%の人が実感したという、森のリフレッシュ作用「フィトンチッド効果」に着目したサプリが人気があります。

>>体の臭い対策のサプリの詳細を見てみる

体臭とお酒の関係

006

体臭と食べ物との関係をご紹介してきましたが、
食べ物だけではなく、お酒を大量に飲んでも
体臭として現れます。

たとえば飲み会があった日などに、家族から「お酒臭い」と
言われた経験はありませんか?

ただの汗の臭いではなく、アルコールならではの、
嫌な臭いを発生してしまうことがあります。

このような一時的なケースだけに限らず、体臭とお酒というのは、
密接な関係があるようです。

そもそもお酒に含まれているアルコールというのは、
体臭を増加させる効果があるといわれています。

したがって、元から体臭が強い人がお酒を飲むことで、
普段よりもさらに体臭が強く現れてしまうのです。

また、アルコールが体内で分解されると、アセトアルデヒドや酢酸に変化します。

これら2つの物質のほとんどは、尿として体外に排出されますが、
1部は汗となって身体から排出されるのです。
その際に、とても強い臭いを発してしまいます。

そして、お酒を飲むと自然と身体が熱くなるため、身体が体温を調節しようと、
普段よりも多く汗をかくことになります。
この時に、皮膚に付いていた雑菌や皮脂と汗が混じって、独特なアルコール臭が、
発生するのです。

また、日常的に大量のお酒を飲む人は、
肝臓の機能に問題が生じる可能性があります。
とくに肝硬変などの病気に罹ると、その時お酒を飲んでいなかったとしても、
常に病気特有の臭いが出てしまう人もいます。

少量のアルコール摂取ならば、臭いも一時的なものですが、
毎日お酒を飲み、体臭がきになるという人は、1度病院で肝臓の検査を、
受けてみるのがいいかもしれません。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ