筑波山の紅葉の見ごろやオススメの見方は?【関東近郊で紅葉が見れる山】

関東近郊の山で、東京からでも電車一本で行く事ができる
紅葉の名所のひとつに、茨城県にある筑波山があります。

筑波山は、標高877mの山で、男体山と女体山の2つの峰を持ち、
昔から「西の富士、東の筑波」と呼ばれるほど景色が美しい山です。

ケーブルカー、ロープウェイを使えば山頂に簡単にたどり着けるので、
小さな子供連れや年配の方でも、気軽に美しい紅葉を楽しめると言う点も
人気スポットの所以なのかも知れません。

今日は、筑波山の紅葉情報をご紹介します。

筑波山の紅葉の見頃とライトアップ情報

筑波山の紅葉の時期は、10月下旬から11月下旬です。

11月の土日・祝日には、ケーブルカーの夜間運行が行われ、
ケーブルカー宮脇駅沿線が美しくライトアップされます。
ライトアップされた紅葉を眺めながらの空中散歩が楽しめます。
山頂駅ではLED約1万球のイルミネーションが迎えてくれるのも見ものですし、
関東平野の美しい夜景と、星空の大パノラマを観賞できます。

ロマンチックなデートコースとしても使えそうですね!

おすすめの見方

筑波山の紅葉のおすすめの見方としては、
まずひとつは、先ほど書いたケーブルカーのライトアップもそうですが、
他には、様々なハイキングコースもありますので、
ハイキングに挑戦してみるのも楽しいと思います。

スポンサードリンク

ハイキングコースは男体山側の御幸ヶ原コース、自然研究路と、
女体山側の迎場コース、白雲橋コース、おたつ石コースがあります。

筑波山を満喫したいなら、白雲橋コースがおすすめです。
距離は約2.8km、標高約310mで登りの所要時間はおよそ110分ほど。

NzT51CRsR_UFrkn1407817991_1407818000

筑波山神社から酒迎場分岐、そして弁慶茶屋跡を経て女体山頂に
向かうルートとなります。
「弁慶七戻り(べんけいななもどり)」「高天原(たかまがはら)」
「胎内くぐり(たいないくぐり)」などの巨岩、奇岩などが見れます。

また、登山初心者用というべき比較的楽なコースとしては、
女体山側の、おたつ石コースでしょう。
距離は約1km、標高差約200mあり、登りの所要時間はおよそ40分。
つつじヶ岡から弁慶茶屋跡を結ぶ、短いルートとなります。
登りと下りの両方がきつい人は、このコースなら
片道にロープウェイを利用する事が出来るので、おすすめです。

真っ赤に染まった美しい紅葉は、神様からの秋のプレゼント。

思い存分、満喫しましょう!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ