アトピーとあせもの違いは?対処法は?

アトピーとあせもは症状的に似ているので、かゆくなり発疹が出来ると、
これはアトピーなのか、あせもなのか分かりにくいですよね?

今日は、アトピーとあせもの違いについて書きたいと思います。

アトピーとあせもの違い

まず、アトピーとは体質であって、アレルギーと深い関係にあります。
しかしながら、原因ははっきり分かっていません。

皮膚の症状は、色々あって赤い発疹や確執が剥離してポロポロ剥ける、
かさぶたができたりします。

そして、あせもは発汗によって、汗が皮膚の中にたまってしまう事が原因です。
たまった汗は、皮膚の下にある汗管のまわりの組織に漏れて、炎症や水ぶくれを起こして
痒みを伴う発疹ができたりするのです。

009

ちなみに、あせもの出来やすい部分はや、頭や額、首、そして、
肘の内側、脚の付け根やお尻、膝の裏側などです。
要は汗が乾きにくい部分という事ですね。
あせもは、夏だけにできると思われがちですが、
実は冬でも暖房の汗を大量にかいて、そのままほっておくと
出来る場合もあります。

このように、一見どちらか分からないような痒みを生じる発疹も、
原因に大きな違いがあるという事は、お分かりになられたでしょうか?

突然、肌のかゆみや赤い発疹がでたら、なんだろう?って
思ってしまいますよね?

スポンサードリンク

例えば、アトピーが治っていた人が、再び発疹やかゆみが出てきたら
またアトピーが再発したのかと思う場合もあるでしょうし、
今まで、アトピーとは無縁だった人なら、あせもが出来たと思いこんでいたら、
実はアトピーだったという場合もあるでしょう。

また、アトピーとあせもが併発したという人もいるでしょう。

これらの発疹は、原因は全く違えど対処法は共通する部分も多く、
痒みの症状が強い場合には、ステロイドが用いた治療が行われます。

ひどい痒みがある人は皮膚科などで相談しましょう。

予防に保湿を

アトピーとあせもの原因は違っていても、共通する予防方法があります。
それは、肌を保湿する事。

以前は、湿疹ができたらステロイド剤を塗るという考え方でしたが、
最近では、湿疹が出来る前に保湿剤を使って、
予防しましょうという考え方に変わってきています。

アトピーには、肌のバリア機能を強化するという意味でも保湿が必要だと言われていますが、
あせもに関しても、汗の塩分の刺激から肌を守るために、肌にバリアを作る事が有効です。

ですので、湿疹の予防法としては、肌を清潔にしておくことや
汗をこまめに拭く事は当然のことながら、お肌を保湿するという事も
知っておくと便利だと思います。

保湿剤で売れているものでこんな商品もあります。
日本一売れてる保湿ケア

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ